Cs-cart デザイン変更の罠

……などと大げさなタイトルをつけてみましたが
公式側には何の問題もない(はず)
単なるNの節穴が発動しただけの話です。

ブログのネタにするほどかぁ?無知め。
と思われてしまいそうではありますが

というのも、つい最近まで、Cs-cartにおいてデザイン変更をする際に
わざわざ
skins → (スキン名) → customer → addons → localization_jp まで飛び
styles.css に設定を書き足していたおバカさんは私です。

公式に案内出てるじゃん。
skins → (スキン名) → customer → addons の中に
my_changes フォルダ作って下さい、って。

その方法じゃないと、他のフォルダは
Cs-cartのバージョンなどアップデート時に、消滅する可能性があるのだそうです。
スパイ大作戦みたい。(年がバレる)

で、前に制作したサイトで、慌ててその手順を取ったので、今回もmy_changesフォルダを作り、再び慌てて軌道修正することに。

my_changes → hooks → index とフォルダを作っていき

コード

こんなコードを書いて
styles.post.tpl という名前で保存して、アップロード。

これで完璧ね…!と安心というかタカをくくっていたのですが
表示確認しようと、ページを見てみると

変わってない……。
それどころか、localization_jp の方の css 消しちゃったから、表示崩れまくり。 さあ、どうする?どうする?と悩み、試行錯誤し
自力でどうにかできるはずもないので、Google先生にお伺いを立てたところ

「キャッシュ残ってるんじゃない?クリアしてみればいいと思うよ。
http://(Cs-cartのルートディレクトリ)/admin.php?cc で消えるから」

という問題提起をされたので、実行に移したら
できた……!

非常に便利で、細部まで設定もできる、心の広いCs-cartではありますが
分かり合えるようになるまでには、もう少し相手を理解する努力が必要、ということですね。
千里のフラグも一歩から。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ