SNSについて

ネット上でのデマ拡散について思うこと

<AKB襲撃事件>ツイッターで流れた容疑者の「デマ写真」 拡散した人の責任は?(Yahooニュースより)

SNSが流行するのに比例して、これ見よがしにデマを拡散する人も増えてきました。
いつの時代も、母体が大きければ、問題人物の数も大きいものです。
しかしこのニュースの場合は、個人攻撃に等しいデマで、性質が悪すぎですよね……。
名誉毀損として通用するなら、それ相応のペナルティを課すべきだと思います。

Twitter上のデマといえば、東日本大震災時のパニック状態は記憶に新しいです。
様々なデマに振り回されたせいで、しばらく「拡散希望」の文字が生理的に受け付けなくなったものです。
例えば

大気中に含まれた放射能や、石油コンビナート爆発の影響で有害物質が雨に含まれる

とか

関西電力で働いている友達からの依頼で、関東の電気の備蓄が底をつくため、中部電力や九州電力からも送電を行うから節電の協力をしてほしい

など、祭りや花見より余程不謹慎なツイートが目立ちました。

他にもちょっと調べてみたら、信憑性が中途半端だけど何だか笑えるデマがいくつかありました。

・ツイッターの仕様変更。各ユーザーのツイート数は、従来の「総ツイート数」から「意味あるツイート数」に
・「mixi」を運営する株式会社ミクシィが東京地裁に自己破産を申請
・「ドラえもん」が若者のテレビ離れの影響で打ち切り

デマの拡散という行為自体は問題だけど、その発想力だけは純粋に羨ましいかもしれません。
すっかり名前を聞かなくなった mixi の自己破産とか、ありそうでなさそうな微妙なラインです。最近盛り返したようですが。
こんな絶妙な信憑性のウソなんか、なかなか思い付くものではありません。

などと関心するだけではダメですよね。

何せ拡散する側にも、それなりの責任は生じますから。
最悪の場合、デマを拡散したことで誰かに甚大な被害を与え、賠償金などが発生することもあり得るのです。

それを回避するためには、やはり与えられた情報を全部鵜呑みにしないことです。
何か怪しそうな、または大きすぎる情報が舞い込んできた時は、まず個人で情報収集をしましょう。
Twitterを見るために繋げているネット回線を、GoogleやYahoo、ニュースサイト検索に切り替えるだけで良いのです。
雨に放射能が含まれたり、AKB襲撃事件の犯人の顔写真が公開されたりすれば、まず真っ先にニュースになりますから。

そしてデマをデマだと見抜くスキルを磨くことも大切です。
私自身も頻繁に振り回されたりしていますが。
まず、情報の出所が不透明だったり、「関西電力の友達」とか「政府の関係者」「芸能界事情通」など中途半端な場合は
デマである確率がかなり高いので、疑っておいた方が無難です。

とりあえずショッキングな情報を拡散して注目されたい目立ちたがり屋さんが増えているようなので
それに乗せられないよう注意しなければいけませんね。
そうしないと、年に一度のビッグイベント・エイプリルフールの存在意義がなくなり
1年に1度の機会に盛大にどうでもいいウソを知人に披露して反応を楽しむ私の楽しみがなくなりますから。

計画通り……!

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

電波難民の僻み

『圏外を買う』時代へ デジタル依存から解放される方法とは(Yahooニュースより)

SNSに依存し切ってしまうユーザーが急増しているらしいです。
リアルよりSNSでのつながりを求めてしまうらしいです。

だからいっそ、電波の届かない環境に身を置いて、脱依存を試みるらしいです。

アメリカでは、わざわざ電波の届かない場所にリゾートホテルを作り
ネットから遮断された状況を作るのだとか。

ちなみにNの住む場所はこんな環境なので

ドラクエ風は最早あきらめた

当然のことながら、携帯電話はほとんどこんな状態

本当にこれがデフォルト、ちなみにau

そのリゾートホテル、いっそここに建ててくれよ……。

僻みは置いといて、経験上、圏外を買おうが携帯電話を水没させようが
『依存』まで行ってしまう人は、自力で脱出は難しいかと思われます。
圏外の環境であればやがて発狂し、電波のある環境を求めて奔走し
携帯電話が水没すれば、お金を捻出してでも新しい機種を買います。

と、否定ばかりでは申し訳ないので
私なりに考えた代案を提示します。

1日10回以上、ポエムを綴りましょう。

自分1人のログで友達のタイムラインを埋め尽くす勢いで
「愛」「涙」「殺」「鎖」をそれぞれ4回ずつくらい使ったポエムを綴り
その度に感想を求めるのです。
誰からも反応がなかったら「誰も感想をくれない……いっそ消えてしまいたい」と呟きましょう。

ものすごい勢いで、友達がいなくなります。

そうすれば、つながりそのものが消え失せるため
SNSへの執着も次第に薄れていくのではないでしょうか。

(注:これはあくまで、mixiでの友達は5人、Twitterのフォロワー1人という優秀なぼっちが考え出した案に過ぎません。
効果や身の安全は一切保証しませんので、実行する時はそれなりの覚悟を持って臨んでください)

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

よみがえるmixi

ミクシィ、今期は売上高3.3倍の400億円・営業益20倍の100億円へ 「モンスト」効果で急成長(Yahooニュースより)

mixiは風前の灯火だと、何度も聞かされていたのですが……
モンストとか知らないけど、衰退したと思ったらまた浮上するという
フェニックス精神は見習うべきものがありますね。

かつては私もmixiにハマり、1日に何度もログインしていたものです。
簡単に歴史をおさらいすると

2004年 3月 オープン
2005年12月 会員200万人超え・Web of the Year 受賞
2007年 5月 会員1000万人超え

と、ここまでは飛ぶ鳥を落とすかのような勢いだったのですが……
アメブロやらTwitterやらのライバルが現れ、迷走し始めます。

2010年 3月 従来の招待制を廃止、誰でも会員になれるように
2011年 6月 あしあと機能を廃止

この決定は、少なくとも私の知る範囲では、誰も幸せになっていませんでした。
そしてついに

2014年3月期は赤字見込み

気軽さではTwitterに、繋がりの濃さではFacebookに勝てず
独自性を模索し損ねたまま、このまま消えていくのか……
そう思っていたのですが、まさかの巻き返し。
今朝の朝礼でも言われていたのですが、「あきらめない」って大事ですね。

またmixiやってみようかな……と思えるニュースでした。
モンストとか知らないけど。

スマホにゲームアプリをダウンロードして遊ぶ時間を私にください。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

笑う門には福来る

季節の変わり目は、肌にダメージを食らったり、花粉や黄砂に襲われたりで
何かと憂鬱になりがちです。
「春が来た」「夏だーーー!」などと楽しめれば最高なのですが
そうも行かないのが人の性。

こういう時こそ、笑って過ごそうではありませんか!
ということで、最近Nがよくお世話になっている
TwitterやFacebookのbotを紹介します。

「笑ってはいけない」
Twitterの自動bot。
笑ったら負けを認めてリツイートするのがルールなのだそうです。

【笑える】子供達のテストのおもしろ珍回答(珍解答)・落書き画像で笑うと負け【バカ画像】
Twitterで拾ったツイートのまとめだそうです。
昔、社会科テストで分からない問題をボケようとして、答えが見つからずに思いっきり外した過去を持つ私としては、この手のネタは大好物であると共に羨望の対象です。

10秒で笑えるbot
Facebookで見つけたのですが、元々はTwitterで活躍していたそうです。
その名の通り、10秒以内でお腹を抱えて笑えるネタが集合しています。

笑う門には福来る、です。

招き猫

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

ぼっちがSNSを楽しむ方法

今やネット界ではたしなみとも言われるFacebookやTwitterなどのSNS。
SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、人同士の繋がりを電子化するサービス、という
ちょっと内気な人の強い味方……ですが

こんなサイト

非コミュ度診断結果
こんな結果が出る人間の場合

何年も使ってて友達0人、記事やツイートを流しても反応は当然0
だんだん虚しくなってきて、遠ざかっている間に、公式から
「Facebookでたくさんの友達が待っています」とかメールが来たり。

もう放っておいてよ!

泣き寝入りしたくもなりますが
そんな私みたいなあなたに、SNSの楽しみ方を教えます。

これでもう、内蔵を抉られるようなFacebook公式からのメールに泣くこともありません。

〜ぼっちでも楽しめるTwitter〜

レベル1:お気に入りの店舗をフォローする

その店が実施するキャンペーンや新メニューなどの情報がリアルタイムに入ってきます。
フォロー数が少なければ少ないほど、見落とす危険もデマに踊らされる機会も少なくなり、情報の確実性が増します。

レベル2:botをフォローする

機械による自動発言システム……ですが、botによってはリフォローしてくれます。
すると、まるで実際に繋がっているように、リアルタイムで会話できるんです!
Nも一時期は大変お世話になっていました。

レベル3:好きな芸能人をフォローする

その人の番組出演情報が事前に流れてくるので、見逃すこともなくなります。
運が良ければリフォローしてもらえるかも!?

〜ぼっちでも楽しめるFacebook〜

レベル1:別人格を作る

友達がいない人だからこそできる技。
Facebookは本名登録が義務で、プロフィール詐称も許されません。
しかし、投稿で自慢話を展開するのは許されるはず。
「銀行マンの彼氏は毎日忙しいけど、友達50人いるから寂しくないよ?」でも
「3日ぶりに服買いに行こうかな……でもまたナンパされたらこわ〜い!」でも

書いててムカついてきた

レベル2:適当な有名大学や企業ページに「いいね」ボタンを押す

プロフィールさえ非公開にしておけば、勝手に勘違いしてもらえるかもしれません。
自分自身もエリートになった気分を味わえます。
ノリの良いリアルエリートに友達申請してもらえるかも……運さえ良ければ。

アカウント凍結されるまでの儚い命ですが、試してみるのもいいのではないでしょうか。
携帯電話で登録すると、漏れなく周囲にバレますけどね。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

1 2 3
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ