jimdoのこと

jimdoブログのテーマとカテゴリの違いが何となく分かってきた

先日、jimdoブログについての記事をアップし、その中で「テーマとカテゴリの違いが分かりません」と喚きました。
先日、といっても2ヶ月以上前なのですが。

しかし最近、改めてjimdoブログについてのマニュアルを作るにあたり、従来の雑なテストではなくじっくりと違いを検証してみたら、何となく分かってきました。
永遠の初心者あるあるです。

テーマは、ほとんど子ページ(2階層目のページ)扱い。
テーマを設定すると、ナビゲーションバーにも自動的に表示されます。

jimdoブログテーマ

テーマは1つの記事につき1つしか設定できません。
その代わり、例えば企業ブログで「社長ブログ」と「スタッフブログ」を分けたい場合、同時運用も可能です。

jimdoブログテーマ別ページ

テーマ別ページが、1つのブログとして扱われるようなので。
ただし、ブログTOPでは全てのテーマが表示されるので、完全に分けたい場合は不便かもしれません。
……と思ったのですが、ブログTOPを非表示にして、テーマ別ページの階層を上げることもできました。
凄いや、jimdoブログ。

カテゴリは、これまでのカテゴリと同じ扱いと考えて良いと思います。

jimdoブログカテゴリ

どこのブログでも見かけるカテゴリ表示です。
ただ、せっかくテーマを分けても、カテゴリは全テーマ共用らしいので、お気をつけください。
例えばカテゴリ「日常」を設定すると、「社長ブログ」「スタッフブログ」両方のテーマで「日常」カテゴリを付けることはできますが、カテゴリ別ページではどちらのテーマの記事も表示されます。

緩く分けたい場合は、むしろ面白いかもしれません。
例えば節分についての記事を各ブログでアップして、同じ「日常」カテゴリを付けたら、カテゴリ別ページでは「豆を社長にぶつけて楽しんだスタッフ」と「社員に容赦なく豆をぶつけられて酷い目に遭った社長」という、違う視点での同じ話が並ぶのですから。

今年の節分は明日です。
土曜日なので、社員全員で社長に豆をぶつけることは不可能です……能登以外は。

明日もお仕事頑張ります。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

知らない間にjimdoブログの機能が劇的に増えていた

どれだけ情報収集力が貧困なんだよ……という話ですが。
jimdoブログ、実はそんなに好きじゃなかったんですよ。アーカイブもカテゴリも設定がいちいち面倒ですし。

ブログ

ですが、本当に知らない間に、その点が解決されていました。

ブログカテゴリ

新規カテゴリを追加するのも消すのも、この画面1つでできるようになりました。
それは前からできたのかもしれませんが、少なくとも能登が管理画面で迷子になる事態は防げるようです。

更にこのような機能も増えていました。

シェアボタン

SNSで宣伝したい時など、このボタン1つでできるようになったようです。

本当に知らない間……jimdoの公式ブログを確認したら、2017年5月18日でした。
時代に取り残されたおばさんなので、2年以内は最近に含まれます。

しかし、それこそ本当に最近と言える先月、ブログテーマなる機能が追加されたようですが。

ブログテーマ

カテゴリと何が違うのか、あまり読み取れずにいます。
公式では

[ブログテーマ]は1つのブログ記事に1つ設定でき、1つのブログ記事に複数設定できる[ブログカテゴリ]より大きな枠組みのトピックです。
(jimdo公式サイト より)

とあるのですが、意味が分かりません。

ハートブレーンのテスト用サイトで違いを確かめたいのですが、試そうとするならそれなりに記事数も必要です。
そうなると、それだけ書けるネタも必要になってきます。方向性も。

社長の頑張りに期待します。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

Microsoft Edgeの電話番号リンクを削除する方法とjimdoでの代案

昨日と関連する話なのですが。

不便だ!とだけ喚いていても、解決にならないのは当然です。
リンクを解除する方法も、もちろん調べました。
例によって、他力本願で。

リンクを削除するための解決法は、こちらを参考にしました。

Microsoft Edgeで、数字のみの文字列に勝手にtelリンクがはられる問題(株式会社TAM様 より)

こちらによると、次のコードをヘッダーに記述するそうです。

<meta name="format-detection" content="telephone=no">

スマートフォンでは電話リンクを有効にしたい場合は、user-agentでスマートフォンとそれ以外での動作を分けると良いそうです。
もしくは、レスポンシブwebデザインにして、cssで切り替え、PC用のコードに次のように記述します。

<p x-ms-format-detection="none">000-xxxx-◯◯◯◯</p>

なのですが……これ、jimdoだと少し違う問題になってきます。
私の知識が足りないだけかもしれないのですが、user-agentでの判定ができません。
ヘッダーに記述したのですが、動きませんでした。

仕方ないので、下のコードを書き込んだのですが、独自レイアウトを使用する場合、管理画面からソースに書き込む方は動きます。
しかしコンテンツの編集で文章を選択し、そこからタグで書き込む方だと、「x-ms-format-detection=”none”」の部分が自動的に消えます。

とりあえずではありますが、解決策としては、上のコードをヘッダーに書き込んだ上で、スマートフォンにのみ出現する電話ボタンにaタグでリンクを追加するしかなさそうです。

スマートフォンでの電話

jimdoはAMPも未対応とのことですが、user-agentでの判定も何とかできるようにしていってほしいです。
画期的で便利なサービスを破格で提供してくださっているので、あまり望みすぎるのも問題ですが、独自レイアウトのスマートフォン対応における壁が少し高めだと思うので、そこだけでもお願いしたいです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

jimdoの編集画面が現在文字化け中

現在、ハートブレーンで推奨している、jimdoのシステムで作成したホームページですが。
最近、ログインするとこのような現象になります。

ここだけ見ると大した問題ではない

この画像だけでは分かりづらいかと思いますが、要所要所の表記が

文字化け

このように文字化けしています。

一見だと無視さえできれば編集上あまり問題のない位置だと思えます。
しかしそれは、あくまで「一見」の話。
思ったより被害は甚大です。

甚大な被害

無理。

この問題ですが、ブラウザを更新すればOKらしいです。
WindowsでしたらF5キー、Macでしたらcommandキー+Rです。

現在復旧中ですが、いつになるかは分からない、とのことです。
しかしjimdo公式Twitterアカウントが、昨年にもこのようなツイートをしていたようです。

昨年のツイート

過去にも同じような現象があったらしいので、今回もきっと復旧できると信じています。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

私がjimdoでレスポンシブwebデザインを使いたくない理由

レスポンシブwebデザインは、設定は面倒ですが非常に有意義なスタイルです。
モニタのサイズに合わせてデザインが切り替わっていくのは、どのデバイスを使っている人も不自由しなくてすみます。
面倒ですが。

便利なシステムで台頭してきたjimdoでも、レスポンシブwebデザインは設定可能です。
設定→ヘッダーの編集でviewspotを指定し、スマートフォン表示設定を「オフ」にし、CSSで指定します。
すると、問題なくモニタのサイズに合わせてサイトが切り替わっていきます。

しかし、個人的に思うのですが、jimdoを利用したサイト、更新するのが自分だけだったら問題ないのです。
ただ、複数の人で管理したり、お客様にお渡ししたり、という場合は、少々踏み止まった方が良いかもしれません。

というのも、jimdoでは、あらかじめスマートフォン表示用のCSSが存在するのですが。

明日からの写真展に本気で出すのかこのテント

この通り、スマートフォン表示だと、カラムが無効になります。

しかし、スマートフォン表示をオフにすると、このカラムの設定も、自分でやり直しです。
Google Chromeのデベロッパーツールでクラス名を探してCSSに書き直せば解決する話ではあるのですが。
これが「写真付き文字」だと更に厄介で、写真が左寄せか右寄せかによっても設定が変わります。

それと、今日初めて知ったのですが。

2カラムでメインコンテンツの横幅だけ可変にして、ナビゲーションバーはpx固定にするのは、よくある話だと思います。
それについての解決法は数々ありますが(こちらもその内の1つです)、いずれも使うのは「ネガティブマージン」です。
margin-left: -200px のマイナスの部分です。
他にもきっと方法はいくつもあるのでしょうが、一番知られているのは、恐らくこの方法です。

しかし、この設定をjimdoで使ってしまうと……。

ナビゲーションの編集ができません。
「ナビゲーションの編集」というボタンが表示されないのです。

1時間ほど格闘した結果の答えだった

その上、貼ったはずのリンクも、何故かデッドリンク扱いです。
ソースからコピーしてアドレスバーに貼り付ける以外に、ページ移動の手段がなくなります。

ネガティブマージンを外した途端に機能するようになったので、原因はこれだと考えて問題ないと思います。

レスポンシブwebデザインを設定する時は、このようなリスクを踏まえ、丁寧に設定していきたいものです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

1 2 3
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ