福井県のweb制作は有限会社ハートブレーン

web上のあれこれ

ビジターアンケートに回答したらiPhoneXプレゼント

……いや、いらない……。

支払能力がどうの、と高めの審査基準設定して貧乏人閉め出してから、あまり印象良くないし。
ど田舎貧乏人の僻みです。

いや、それはどうでもいいとして。
最近、ググって情報を漁っていると、結構な割合でこんなのにぶち当たります。

ビジターアンケート

Google Chromeのバージョンと使用頻度を答えるだけで、10万円もするiPhoneXを無料でプレゼントされるそうです。
あ、恐らくランダムで表示されるのであろうページのパターンによっては300円とかに劇的値下げ、でしたっけ?
あとIPアドレスから無作為に選出したって書いてあるけど、それはIPアドレスの不正利用にならないのかな?
まあ、どうでもいいや。
とにかく自分の幸運に感謝ですね。メルカリに出そうか、HARD OFFに売ろうか、社長に定価で売り付けようか。
いずれにしろちょっとした小遣い稼ぎですね。
わーーーーーパチパチパチパチーーーーー……………

んな訳あるか。

早速調べたら、迷惑メール関係でググる度に一方的にお世話になっている人がまたしても何か戦ってたりしているのですが。

【実録】ロシアのサイトを見てたら突然「Googleギフトが当選しました!」→ Googleクイズ → iPhoneX当選!! → 個人情報と229円抜かれる → なぜか最後はIQテスト(ROCKET NEWS 24 より)

とりあえず、どういう流れで何が目的なのかは、こちらで紹介されています。
結論から言うと、アンケートを答えた先にある個人情報入力欄に入力したら負けです。

それよりも、能登の関心の先は

謎のタイムライン

このタイムラインもどき、どうやって作ったんだろう……でした。
Facebookは訴えていいと言えるほどのデザインパクリですが。
ちなみに「いいね」の上にカーソルを移動すると指マークに変わりますが、CSSで cursor:pointer が指定されているからみたいです。
どこにも繋がってはいないようです。
そして名前にもリンクはなく、カーソルすら変わりません。詰めが甘いです。

ちなみにこの偽造タイムラインですが

2回目だけど,2018年間ビジターアンケートはグーグル関与してるの?(Google フォーラム より)

3ヶ月ほど前の質問のようですが、こちらのスクリーンショットにあるタイムラインと、最近ビジターアンケートに行き着いた私が見たタイムラインに表示されている名前が全く同じです。
とりあえず何らかのjQueryでも使っているのでしょうか。
エセコーダーには正確な名称も技術も全く見当が付きませんが。

そしてブラウザの「戻る」ボタンで最初の段階に戻ると

2回目の訪問

今度はAndroidがもらえました。
とりあえずリダイレクト設定なんだろうな、ということだけは分かりました。

普通にサイトを訪問してこんなのにぶち当たる原因ですが、恐らく脆弱なセキュリティの穴を通って、meta refreshタグを埋め込まれているらしいです。
Wordpressやブログなど、古いバージョンのソフトを使用していると狙われやすい、とのことです。
正直「めんどい」と思っていた独自SSL化(https)ですが、自分のサイトを守るためにも、最早必須になってきている気がします。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

零細企業にこそWEB担当が必要だと思う3つの理由

WEB担当、と聞くと、恐らくまず「大企業に存在する部署」を連想する人も多いのではないでしょうか。
中小・零細企業の場合「普段の業務をこなしつつWEB関係の作業もする担当」がほとんどだと思います。
しかし私は、人手の少ない零細企業にこそ、WEB専任の担当者が必要だと考えます。

何故なら

・日々の業務の中でWEBに裂く時間などほとんどない
普段の業務時間を2時間程度削って作業を……というのは、少なくとも能登が見ている限り、ほぼ不可能です。
それはwebサイト更新ツールに、jimdoやwixなどコーディングを必要としないお手軽さを売りにしたシステムを利用していても、同じことです。
発信内容の発掘や精査、今や発信に欠かせない効果的な画像や動画の作成、最新情報のお知らせなど、必須事項は多岐に渡りますから。
しかも発信が必要な繁忙期にはほぼ発信できず、更新自体がストップします。

・自社発信に勝るものはない
ユーザーが好むのは、洗練された文章ではなく、自社だからこそ発信できる情報や弄りなどのリアルさです。
どの道文章はそう読まれはしません。まず画像や動画です。
お客様に来てもらおうというパワーを感じるメディアです。
業者に頼んでも、日々のヒアリングに時間を裂くことになるので、結局は変わりません。

・本気で作業しようと思うと恐らく1日潰れる
リサーチや動向把握、SNSでの反応調査、レビューのあるECサイトの場合はお客様へのコメント返しなど。
特にコメント返しは迅速さが求められるので、1週間放置するだけでもクレームの原因になりかねません。
しかもWEB事情は1日ごとに変化していきます。

今のネットで重視されているように感じるのは「何を発信しているか」ではなく「誰が発信しているか」です。
知名度のある企業、人気のあるキャラ……もしくは、人の興味を惹きそうなキャラなど。
社長本人の発信も、受けが良いようです。
ハートブレーンからの発信も、社長を取り上げるだけで反応率が違います。
能登の人気のなさに自信を失いかけているのに加え、社長本人からは今日もクレームという名の愚痴を聞かされるという理不尽に耐え、今日も発信しているのです。

ギター

先日、能登が子供を連れ込んだ時の光景です。
ギターに合わせて踊る付き合いの良い長男と、我関せずの長女もいます。
「かわいそうだから聞いてあげて」と説得するのに忙しく、仕事どころではありませんでした。

このように、社長が無理なら全権委任されたWEB担当が、こうして発信していくと、道も開けるのではないでしょうか。
というか開いてください。
そして前例を作って、発信力が根本的に不足している能登を助けてください。

興味を惹いた者勝ち、という側面がネットにはあると思います。
しかし興味深いコンテンツは今やネットに溢れているので、競争が激しいのが現状です。
決して簡単な道ではありません。
片手間でできる業務でもありません。

だからこそ、WEB専任の担当者は必要だと思います。
たとえ社内から「あいつ遊んでばっかりだ」と後ろ指を差されようとも。
挫けずに新鮮さとユーモアを小出しにしていけば、後ろ指が尊敬の眼差しに変わる日も来ます。多分。

フィッシングorフィッシュニングorフィシュニング

フィシュニングなる語句の意味が分からず、Google先生に問い質したところ、「もしかして:フィッシュニング」という回答をいただきました。
しかし恐らくこの場合、「フィッシング詐欺」なのでしょう。
フィッシュニングとフィッシングの違いについて調べてみたら、フィッシングは fishing + sophisticated(洗練された) から生まれたIT用語らしいですね。

フィッシング 【 phishing 】 フィッシング詐欺
フィッシングとは、金融機関などからの正規のメールやWebサイトを装い、暗証番号やクレジットカード番号などを詐取する詐欺。「釣り」を意味する「fishing」が語源だが、偽装の手法が洗練されている(sophisticated)ことから「phishing」と綴るようになったとする説がある。
(IT用語辞典 より)

諸説あるようですが。

フィッシング詐欺

社長の注意喚起に敢えて1つ付け加えるなら、URLやメールアドレスなど擬態する方法もあるようで、一見で確認できる範囲でのドメインは、大手企業のものと同じ場合があります。
送信者欄やメールに記載されているURLが正規のものでも安易に信用せず、文字列ではなく必ず右クリックメニューでリンクアドレスをコピーし、aguseなどのウェブ調査サイトで安全性を確認してください。
メールヘッダを表示して、メールサーバーやIPアドレスを調べて逆引きするのも良いと思います。

能登はセキュリティ面に関しては素人以下である自覚があるので、詳細は専門家にお尋ねください。
そして何か間違った情報などありましたら、是非……教えていただけると……。

相変わらずの他力本願です。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

パスワード認証の理想と現実

Googleがパスワード認証から離れようとしているのは、結構有名な話だと思うのですが。
このような記事を見つけました。

パスワード認証ってもう古くないですか?(LIG様 より)

パスワード

私が個人的に抱いていた疑問点を、ものすごく分かりやすく語ってくださってます。
数々のセキュリティ突破問題があり、パスワードがやたらと強化されていますよね。
パスワード作成時に、強度を求めるパターンがとても多いです。
大文字と小文字と数字と記号を混ぜて、数字はパスワードの先頭には持っていけないとか、大文字は3文字以上連続不可、とか。
大手ECサイトになると、その上パスワードの定期的な変更を強制されます。

セキュリティのためには仕方ありません。
でも

覚えていられるはずないです。

なので、大抵の人は、2つの方法で解決を試みます。
・メモやクラウドサービスに残しておく
・絶対に覚えていられる簡単なものにする(誕生日や電話番号や123456など)
2つとも、記事の中で危険だとされている方法です。

私はパスワードそのものではなく、自分にしか分からないヒントを書き留めています。
SNS:社名+社長の誕生日(heartbrain0714)など。
(ちなみに実在しないパスワードなので、ご安心ください。7月14日にはブラックサンダー1つでも投げ付けてくださると喜びます、社員が)

しかしそれさえも危険である可能性があるので、スマートフォンのパスワード管理ツールを使用してみました。

パスワード管理

パスワード作成

まずはサービス名とIDとパスワードを入力します。

パスワード保存後

保存すると、このような画面になります。
スライドすると出てくるメニューをタップすれば、何と自動的にコピーされます。
入力の手間が省けて便利です。

ただ

パターンロック

何故パターンロック……。
いえ、指紋認証とかよりはずっと良いですし、盗まれる危険性も、覗き見もしくは盗撮という、原始的な方法のみのようです。
ただ、皮膚トラブルでたまに指紋がなくなったり、ATMの指認証で酷い目に遭った私としては、避けたい方法であるのも確かなんです。
何よりも

覚えていられるはずないです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

語彙力が涎が出るほど欲しい

昨日、過去の記事を漁っている途中に、色々発心してはその度に忘却してきた足跡を見つけたのですが。
中でも気になったのは、文章力に関する悩みが多かったことです。
昔も今も同じ悩みを抱えているので、多分その発心した内容を永続的に続けていたなら、少しは上達していただろうに……。

辞書

そして昔も今も、1番の課題は語彙力です。
引き出しが少ないので、表現力にも乏しくなり、幼稚な文章しか書けなくなるのです。
なので、自分の程度を測定してみることにしました。

日本語ボキャブラリーテスト

日本語ボキャブラリーテスト

ん???

いや、少し前にTwitterで人気だったテストなのですが、確か大半の人が夏目漱石だったはずです。
TLだけで既に0.27%を超えている気がしたくらいですから。
問題の内容自体は…………酷かったです。50問もある上に、残り10問くらいが超難問。
最後には完全に勘で答えてました。

と、すぐに形容詞に逃げてしまうのも、昔自分で語っていた自分の欠点です。

最後に、ハートブレーンのブログらしく、今日のハートブレーンの風景を……。

「暑い!暑いって、もう!」と、ひたすら空に向かって吠え続ける社長の声に、度々仕事の手を止めさせられていました。
天候や気温の弊害を訴えられても、1人の人間でしかない能登にはどうすることもできないのですが、とにかく吠えないと自分のテンションが保てないのでしょう。
1人ノースリーブ姿になり体温調節しながら仕事をしていた能登が、この上司をどう黙らせようかと考えていたところに、打ち合わせに出かけていた齊藤さんが帰ってきました。
途端に春風が吹き抜けたかのような空気に包まれ、社長の頭にも花が咲いたらしく、機嫌は上昇した……かと思われたのですが。
春風も湿気には勝てないらしく、再び吠え始める社長でした。
「暑いって!能登さん、何とかして!」
意味不明の社長命令が下った能登の胸には、春風と入れ替わるようにブリザードが吹き荒れたのでした。

以前にも形容詞を抜いた文章に挑戦していましたが、あまり進歩が見られない気がします。
継続は力なり、という言葉が身に染みます。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

楽天GOLDとYahooトリプルを雑に比較してみた

どちらもショッピングサイトのFTPサービスです。
TOPページや他の独立したページなど、商品やカテゴリページ以外をHTMLで作れます。
FTP接続にはFTP専用ソフトを使用する点も、普通のwebサイトと変わりません。

本当に似たようなサービスなので、減点方式でしか比較できないのですが。

楽天GOLD
【料金】無料
【容量】1GB
【URL】www.rakuten.ne.jp/gold/ストアアカウント/
【外部リンク】不可
【個人的なデメリット】YoutubeやGoogleなど外部サービス利用不可

Yahooトリプル
【料金】
容量300MBの場合 月額3,000円
容量10GBの場合 月額5,000円
【URL】shopping.geocities.jp/ストアアカウント/
【外部リンク】不可
【個人的なデメリット】反映がものすごく遅い(5分以上は確実にかかる)

安価で便利なのは楽天GOLD、使い込みとSEO対策としてはYahooトリプルでしょうか。
どちらも外部リンク不可なのと、TOPページで利用した場合はリダイレクト必須なのが考えものです。

しかし自由度は高く、好きなデザインにできます。
サービス内容を取捨選択して、思い描くサイトに近い方を利用してください。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

穴だらけの常時SSL化対応の説明

ネット回線やセキュリティに関しては、そんじょそこらの素人には負けないくらいの無知さを誇っているという自負があります。
ツッコミ所しかない説明ですが、生温かく見守っていただけると幸いです。

早速ヘタレ全開ですが、そもそもこのような記事を偶然見つけたのが始まりでした。

ロリポップで運営のWordPressサイトを、httpからhttps(SSL化)に無料で移行しました(Swingin’ Thinkin’様 より)

今年の8月の記事に対して「偶然見つけた」とか言い出す能登のセキュリティ意識が窺い知れるというものですが、これってなかなか大きいことだと思うのです。
これまでのロリポップで常時SSL対応するには、そこそこ費用がかかりましたから。

手順をものすごーーーく大雑把に説明すると

ロリポップの管理画面で独自SSL(無料)を設定する。

サイト内のaタグ・imgタグ・css内での背景画像指定など、全ての「http://◯◯◯◯(お持ちのドメイン)」の表記を「https://◯◯◯◯(お持ちのドメイン)」に変更する。

.htaccessでhttp→httpsのリダイレクトを設定する。
(Google Analyticsを導入している場合はプロパティのURLをhttpsに書き換え、Google Search Consoleを導入している場合はhttpsで新規にサイトを追加する)

これがwordpressだともう一手間あるのですが、上記の記事がすごく分かりやすく解説してくださっているので、そちらをご参照ください。

しかしそんな少々面倒な手順を踏んでまでSSL対応にする意味って何かあるの?
という質問を何件かいただいた記憶があります。

一言で言えば、充分あります。

ハッキング

SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)は、いずれもインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。 個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。(SSL/TLS総合解説サイト様 より)

って、「SSL」でぐぐると上部に出てきます。Googleもどんどん便利になっていきますね。
ものすごく簡単に言えば、メールフォームなどで送信した個人情報の内容が暗号化されます、ということです。

ネットの仕組み

主に通販サイトとのやり取りで、カード番号や名前や住所などの機密情報を入力する場面がありますが、これまでは不正にカードを利用したい人や他人の名前・住所などをSPAM業者に売り付けて儲けたい人などからの横槍が入る危険がありました。
しかし企業や店舗側のサイトがSSL対応されることによって、入力した情報が暗号化され、ハッキング被害に遭う危険性が大幅に減少するのです。

しかしそれだけだと、通販を展開していない企業には無関係では?と思われがちなのですが……実は、もう1つ意味があるのですよ。
身も蓋もない事情ではあるのですが……

Google Chromeでの表示

今やブラウザのシェア率はSafari(iPhone強すぎ)に次いで2位となった、Google Chromeです。
GoogleがSSL対応を重視するという方針は前から言われていたのですが、重視するあまり、Google ChromeではSSL未対応のサイトのアドレスバーに警告が出現します。
「保護されていない通信」なんて、ITに詳しくないユーザーからすれば「なんか知らんけど、このサイトを見るとウィルス感染しそう!」と思ってしまうことでしょう。
そして詳しいユーザーからは「この企業はSSL対応もできないんだな」と一目でレッテルを貼られてしまいます。

これまではかなり高額で敷居が高い常時SSL対応でしたが、ロリポップが無料化したように、今後は他のサーバーもそのような流れになるかもしれません。
もしお使いのサーバーから無料で対応するというお知らせがありましたら、多少の手間をかけてでも、SSL対応に踏み切ることをお勧めします。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

情報収集能力はセキュリティ対策上の必須事項

今日は猫の日ということで

猫の日

すぐ写真撮影ができる範囲に猫がいないので、フリー画像をお借りしました。
しかし社長は、猫を飼う猫を飼うと口では言っているのですが、一向に話が動く気配がありません。
いつになったら事務所の癒し担当をお迎えできるのでしょうか。
入ったばかりの女性社員に「癒して〜」などとセクハラ発言をする余裕があるなら、猫をお願いします。

ここ数年、ロリポップのwordpressが大量乗っ取りに遭って以来、たまにログインしようとすると、管理画面のURLが403エラーになったり

ロリポップのアクセス制限

こんな画面になったりしていました。

事務所のIPアドレスは定期的に変わるので、その度にFTPログイン→htaccess編集、とすごーーーく面倒だったのですが。
最近になって、セキュリティ系のプラグインを推奨する動きに変わったようです。

と思ったら

ロリポップ!は2015年1月26日まで、『WordPress(ワードプレス)』への攻撃に対する検知、防御機能を導入しておりましたが、現在はセキュリティ対策を更に強化するためSiteGuard WP Pluginのご利用を推奨しています。

2015年1月26日。

全然「最近」ではないですね。
今まで気づかなかった私の情報収集能力に、改めて危機感を覚えました。

今月初めにもwordpressの改ざんが問題になったり、益々セキュリティ対策の必要性が上がってきています。
セキュリティ対策に必要なのは、何と言っても危険意識。これが欠けていたら、対策は穴だらけになってしまいますし、対応は遅れます。
そして知識。知識がなければ、無駄でしかない作業に時間を費やしたり、間違った対策方法で自分を余分に危険に晒してしまったりします。セミナーは決して無駄ではないのです。

あとは、情報収集能力。
セキュリティ関係の情報は、こちらこちらで随時更新されています。
できれば毎日チェックして、身近な例と照らし合わせたり、今後起こり得ることを予測したり、対応が後手に回らないようにしていきたいものです。

Avastの誤検出に惑わされて数時間を費やした能登は、人一倍努力する必要がありそうです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

ネット上における画像の無断使用と著作権

つい最近、ニュースで「レシピに著作権はないの?」という問題提起がなされていたのを思い出しました。
答えは「ない」です。
しかし大手のレシピサイトなどは、サイト独自の著作権や所有権を明記している場合もあるので、その場合は無断使用に対する罰則が発生するそうです。
ちなみに著作権がないのは、あくまでも分量や手順のみで、画像などには著作権が発生するそうです。

では、公開する以上世界中に発信されることが前提である、webサイトそのものは、というと。
もちろん、著作権はあります。
人物の画像に関しては、肖像権もあります。

ハートブレーンロゴ

このような画像を(使いたい人がいるかどうかはともかく)保存し、自サイトやブログで自分の画像としてアップすれば、著作権侵害になります。
とは言っても、広いネット上でのこと、誰かが無断使用していても見つかる可能性は少ない……
そうお考えの方。甘いです。

高知県がイラスト無断使用 「無料と思った」(産経ニュース より)

有料写真が無断使用されたアマナイメージズ勝訴 クリエイター側の損害賠償のハードル下げる画期的判決(ねとらぼ より)

ツイッター写真無断使用裁判 判決(gooニュース より)

最近だけでも、このような判例があります。
3つ目のニュースはSNSです。SNSでも不可なのです。
特にTwitterは、少し前にGIF画像とかいう機能が追加され、LINEのスタンプのような感覚で使えるのですが、この画像はGoogleの画像検索から自動的に拾われたものだそうです。
無闇に使用すると、著作権に触れてしまいますので、ご注意ください。

話が横道に逸れましたが、今ではもう「どうせ見つからない」は通用しません。
何せ画像を保存する手段が数多いだけに、苦心して撮影したかわいい我が子を守りたいクリエイターさんも、無断使用されては商売が成り立たない素材屋さんも、厳しくチェックするのは当然のことと言えます。
写真を無断使用されて裁判で勝訴するまでの様子を細かくブログで報告していた方がいましたが、請求される賠償金も1千万円以下というかなりお高めの設定です。
発見される可能性が格段に上がり、失うものも大きすぎる無断使用は、正しく百害あって一利なし。
ただでさえテレビからネットの時代に移行していると言われている現代に、ネットの力を楽観視するのは賢い選択ではありません。

あと、このような恐ろしい機能もあります。

Google画像検索

Google画像検索

パソコンの中にある画像はドラッグすれば、ネット上の画像は画像URLを入力すれば、類似した画像とどのサイトが使用しているか、簡単に検索できます。

Google画像検索で色々見てみると、まだまだ無断使用しているwebサイトがあります。
しかし「他の人もやってるんだから」は「どうせ見つからない」と同じです。
「赤信号 皆で渡れば 怖くない」ではありません。
1人だろうがたくさんいようが、赤信号は赤信号なのです。

思わず使いたくなるような素晴らしい画像を生み出したクリエイターさんはもちろんのこと、自分がこれまで積み上げてきた評価、企業サイトは更に自社の評判、社員たちの運命など……1回の無断使用で、各方面が不幸に陥れられます。
どうしてもそのサイトの画像が欲しい場合は、素材サイトでなければ、必ず許可を取るようにしてください。

ついでに、企業の場合は、SEO対策という意味でも無断使用は控えた方が良いのです。
Googleではオリジナリティのあるコンテンツを重視する傾向にあります。
どれほど不格好でも、その企業にしかない独自性のある画像が好まれます。
多少面倒かもしれませんが、せっかくwebサイトやSNSで自社の情報を発信できるのですから、魂の込もった独自の1枚を並べてください。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

SNSのプロフィール画像に深層心理が隠れているらしい

SNSのプロフィール画像ですが、何にしようかいつも悩みます。

和紙ックにハマった小川社長

このように、自分の顔写真にする人が多数派だと思われます。
特にFacebookは本名が基本で、ビジネスや就職活動の場として利用されていますから。
ちなみにこの画像には「和紙ックにハマった小川さん。ウフフフ〜変な人」とコメントが添えられていたのですが、非常に分かりやすい自己紹介だと思います。

しかし私の場合は、プライバシーの問題や単純にこの顔をweb上で晒したくないという意識も働いて、自分の顔写真はまず真っ先に除外される選択肢なのです。
これまで様々な苦し紛れの画像を使ってきたのですが、最近、このような恐ろしいものを見つけました。

あなたは何を設定してる?SNSのプロフィール写真・画像から見える深層心理(NAVER まとめ より)

この記事によると、様々なタイプに分かれるようです。

目線有りの自分→今の自分を良く見せたい
目線無しの自分→自分に自信がない
子供の頃の自分→昔は良かった……
本人だと判別できない程度のアップや一部のパーツ→自分を見せたいという欲求を隠している
自分が小さく写った集合写真→恥ずかしがり屋
自分の子供の写真→人生で誇れるのは子供だけ
似顔絵やアバター→謙虚で真面目
有名人→憧れを抱きやすい
ペット→寂しがり屋
初期設定のまま→SNSに興味がない

上記を参考に、社長と自分のSNS画像から考察してみます。
上が社長、下がNです。

Facebook
Facebook

Twitter
ほとんど稼働していないTwitter

社長、全体的に自分に自信満々です。
プロフィール写真からカバー画像まで、全て自分の写真です。
Facebookのカバー画像はライブハウスでギターを演奏する自分なのですが、これは自分に自信がないのとは違う気がします。
ちなみにTwitterのカバー画像は初期設定なのですが、最終ツイートが5年前なので、本当にTwitterに興味がないのでしょう……。

私は
Facebookでは、真面目で誇れるのは子供だけ。
Twitterでは、寂しがり屋で誇れるのは子供だけ。
どう見てもただのコミュ障です。

また、このような記事も発見しました。

SNSのプロフ写真で深層心理がまるわかり!モテる画像も判明【恋占ニュース】(PROLO より)

この記事によると、目線を外した自分の写真、もしくは似顔絵やアバターがモテ要素満点でした。
よろしければ今後の参考になさってください、社長。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

仕事中のBGMというのを大義名分にしたYoutube漬け

今や「ネットで動画を見る」という人のアクセス先の大半はYoutubeだと思います。
objectだのembedだのは見かけなくなり、Flashまで絶滅の危機に瀕しています。

最早一般化しているYoutubeですが、皆さん、アカウントは持ってますか?

ない、という人は、今すぐにでもアカウントを作ることをお勧めします。
現在は、Youtubeアカウント=Googleアカウントとなっているので、多少ややこしさや面倒さはあるかもしれません。
しかし快適なYoutubeライフを送るには、アカウントは必要不可欠なのです。

何せ
・自分が視聴した動画の履歴が記録される(だから「前に見た動画をもう1回見たい」という時にはかなり役に立ちます)
・再生リストが作れる(主に作業用BGMとして自分のお気に入りの曲がエンドレスで再生できます)
・自分の視聴履歴からお勧め動画が表示される

他にも色々と特典はありますが、この3点がNの中では重要なポイントです。

特に3点目。
アカウントにログインした状態でYoutubeのTOPページを見ると、「マイミックスリスト」なるものが生成されています。
自分で選ぶという作業をしなくても、過去の視聴履歴からランダムにリストが作られている、という優れものです。
好きな動画だらけで、しかも次に何の動画が来るのかなぁ、という楽しみもあり、最近すっかりハマっています。

間違えてアクセスしちゃった動画なども含まれますが、リストの右上の×マークをクリックすれば削除できます。
何回かはリストを再生する度に表示されますが、しつこく削除し続けるといずれ出てこなくなります。

問題点といえば、リスト編集中に「Nさん何してるの?」などと後ろから覗きこまれてしまったら、表示されるサムネイルでオタクがバレてしまう点、でしょうか。

記憶抹消の手段
良い子は真似しないでくださいね。

私のような変な趣味をお持ちでなければ、堂々と快適なYoutubeライフを楽しめると思います。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

PtengineのPAGE SCENEタブだけまともに表示されない原因

Google Analyticsでは、1ページだけ閲覧して直帰してしまったユーザーのページ滞在時間はカウントされない仕組みだそうです。
それだと、ランディングページの閲覧のみを目的としている場合は不便で仕方ない、というデメリットがあります。
そういう時のために、活用されているのが

Ptengine

ヒートマップの表示など便利な機能満載で、今や数多くのユーザーから愛されているアクセス解析サイトなのですが。
ヒートマップを、NのPCの標準ブラウザGoogle Chromeで見ようとすると

cssが認識されていない

読めません。

試しにSafariで開いてみると、問題なく表示されました。
ブラウザの問題かな?と思ってGoogle Chromeのデベロッパーツールで調べてみると、どうやらベース以外のスタイルシートが認識されていないようです。

おのれ、Google Chrome……!
と思ったのですが、下の注意をよく見ると

要素の検証

何やら見覚えのある文字が……。

原因は、これでした。

ABP

広告をブロックしてくれる、一般ユーザーの味方「Adblock Plus」ですが、同時に悪さをすることでも有名なアプリです。
というか、似たような現象を、以前にもここで紹介したことがあったような。
ちなみに広告ブロック機能のあるアプリを探す旅には、まだ出ていません。

とりあえず解除してみたら

ヒートマップ

解決しました。

旅に出るのがいつになるかは分かりませんが、何か問題が発生した場合は、真っ先に疑ってみることにします。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

ソーシャルゲームとは何かを勉強してみた

私の好きな原作が、なんと今度ソーシャルゲーム化するようです。
やった!
10年以上前に廃人の域に片足突っ込みかけて危機感から撤退したネットゲーム以来、久しぶりではあるのですが(正確には最近プレイしてみようと試みたゲームはあったのですが、時間の都合上、敢えなく断念しました)、ここは挑戦してみます。
アクションRPGとのことなので、時間が吸い取られるシミュレーションでもなく、子供に横槍入れられてゲームオーバーになってしまうパズルでもなく、子供に「私がやるの!」「ぼーくーがー!」と取り合いされて奪われる音ゲーでもないので、無理泣くプレイできそうです。

で、ソーシャルゲームって、何……?

お恥ずかしい話、本気で分からないので調べてみました。

ソーシャルゲーム(Wikipedia より)

専用のクライアントソフトウェアを必要とせず、ウェブブラウザとSNSアカウントのみで利用可能である。
特徴としては短時間で気楽に遊べる物が中心であり、コミュニケーション機能やフリーミアム(基本無料・アイテム課金)を取っている場合が多い。
スマートフォン(スマートデバイス)向けの「ネイティブアプリ」のゲームもソーシャルゲームと呼ばれることがあるが、ウェブブラウザを利用した「ウェブアプリ」ではないため本来はソーシャルゲームには含まれない。

なるほど。分からん。

なのでGoogle先生にお尋ねし、言い換えてみました。

専用のソフト(またはアプリ)を必要とせず、ブラウザとSNSアカウントのみで利用可能である。
特徴としては短時間で気楽に遊べる物が中心であり、他のユーザーと交流できる機能やフリーミアム(基本無料・アイテム課金)を取っている場合が多い。
スマートフォン用のゲームアプリもソーシャルゲームと呼ばれることがあるが、ブラウザを利用するものではないため本来はソーシャルゲームには含まれない。

要するに、ブラウザ上でプレイするゲーム、ってことのようです。
ちなみにブラウザとは、このことです。

主なブラウザ3つ

ダウンロードする必要がないのは楽ですが、それなりに重いので起動するまでの時間はかかります。

基本は無料であるゲームなのですが、アイドルにハマってグッズを買い漁りコンサートに行きまくるファンと同じように、ハマるとより強力な武器やレアアイテムを求めてお金を注ぎ込むことも少なくはないそうなので、1日に何時間とか課金は1ヶ月にどれだけなど、制約を設ける必要がありそうです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

中途半端にドラ◯エじゃない

Facebookで指摘されたGoogle Chromeの通知設定

Google Chrome限定なのかどうかは分からないのですが、Facebookにアクセスすると、こんな警告文が出てきました。

謎の警告文

If you change your mind,click the lock to give Chrome permission to send you desktop notifications.
エキサイト先生に訳してもらうと「もしあなたがあなたの考えを変更するならば、デスクトップの通知書をあなたに送るクロム許可を与えるために、ロックをクリックしなさい。」と意味が通じるようで通じない内容です。
permissionとか書いてあるので、つい警戒してしまいました。

これはGoogle Chromeの機能で、webサイトやアプリなどからの個人宛ての通知を表示するものです。
名前から電話番号、自宅や職場の住所まで、幅広く貪欲に個人情報を追求するGoogleならではのサービスですね。(かなり気を遣った表現)

しかしこの通知をうっとうしく思う人も多いようで、その場合、この方法で通知を切れるそうです。

chromeの設定

1.Chromeのブラウザ画面の右端のボタンをクリックし、「設定」を選択します。

プライバシー

2.設定画面の1番下にある「詳細設定を表示」という文字をクリックして、表示された「プライバシー」の「コンテンツの設定」というボタンをクリックします。

通知の設定

3.サブウィンドウが開くので、下にスクロールし、通知の設定をします。
全ての通知を切りたければ「すべてのサイトに対して通知の表示を許可しない」を選択、サイトによって設定を変えたければ「例外の管理」ボタンをクリックしてドメインごとに分けましょう。

ここまで書いておいて、Nは正直

Facebookからの通知

便利に思ったことはあるのですが、うっとうしいとは思ったことがありません。

社長の目を盗んではコメント返しができるから仕事などの連絡もあるので、つい放置しがちになってしまうSNSの通知が届くとすぐに確認できて助かるのです。

行き届きすぎて怖いほどのサービスでも、ユーザーに合わせてカスタマイズできるのはありがたいです。
しかしNの場合、Chromeで通知を切っても、Mac OS XがSNSからリマインダーまで通知をしてくるので、切っても切らなくても大差はなかったりします。
Macの通知を切る、という選択肢はあり得ません。以前お客様との打ち合わせの日程をすっかり忘れてしまった身としては。

サービスも拡張機能も、ご自分のライフスタイルや習性に合わせて使いこなしていきたいものです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

ハートブレーンのブログが頻繁にネタ切れを起こす理由

ブログでネタ切れした場合、解決法は様々です。
Google先生にお尋ねしたら、本当にたくさん出てきます。
しかし、その内容といえば、テレビや本の感想とか、ニュースの感想とか、個人ブログだったら書けるよね!というものです。
ハートブレーンのブログで「相棒が好きです、4代目めっちゃ好き!女好きの頭脳派で右京さんと相性悪そうなところが最高!」なんて語る訳にはいきませんよね。語りましたが。

企業ブログの場合、どうしてくれるのよ!?
そう思い、いつものようにGoogle先生に助けを求めたところ、素晴らしい記事に出会いました。

そりゃ、ネタ切れするわ!企業ブログがつまらなくなる落とし穴(小野川温泉 鈴の宿 登府屋旅館様 より)

こちらのブログ、web関係ではないようなのですよ。
温泉旅館なのです。
驚くほどしっかり勉強なさってて、教わりたいことが大量にあるのですが、泊まりに行こうかなぁ。
山形県、ってなかなか行く機会ないんですよね。
慰安旅行に良さそうですよね。(社長の方をチラ見しながら)

そしてこの記事で言われている内容、何一つできていません。
というのも、実は「スタッフ持ち回りでブログを書いていけたらいいな」と考えていたからです。
どうやら無理らしいことは、今年に入ってようやく悟ってきました。

今までの「ハートブレーンブログ」では、確かに個は出せません。
ほとんどNが書いているのだし、ハートブレーンに所属しているNの日常、みたいにした方が、ネタの幅が広がりそうです。
時間を見つけて「Nのハートブレーン内部告発ブログ」とかに変えてしまおうと思います。

そうすれば、プライベートなことも色々書けそうです。
今までドラマ語るわオタク暴露するわ子供の写真まで晒して何を、とお思いかもしれませんが、それが加速するだけです。

問題はプロフィール画像です。
顔を見せないまま、NがNがと語っても、ピンと来ない人も多いのではないかと思います。
晒すことを恐れずに、正直に出します。

プリクラみたいにしてみたつもり

晒しました。
自分の画像加工能力の低さを。
あと、丸顔と目の大きさと肌の汚さとシワに対するコンプレックスも。

今度、本気でプロフィール欄を設けようかとは思っています。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

企業ブログにおける『内輪ネタ』と『社内の日常』の違い

ブログネタを指南する記事で、必ずと言っていいほど『悪い例』として挙げられる項目があります。

内輪ネタ

ものすごく納得の行く話ではあります。
顔も見たことのない他人が何をしたとか、全く有益ではありません。
正直に言ってしまえば、どうでもいいです。

そんな「これ、本当に面白いと思って書いてるの?」という記事を書くなんて……

悪行の数々

書いてた。

時には変な猫耳までセットして、事あるごとに、いえ、事がなくてもネタにしていました。
数年前にアップした猫耳社長は、当然ですが反応は未だにゼロです。

企業ブログとして本来あるべき姿は、やはりお客様のお役に立つ記事です。
自社が取り扱うサービスの範囲内で、専門的な知識を持ち得るからこそ提供できるネタは、たくさんあるはずなのです。
それをできる限り理解しやすく、時にはユーモアを交え、親しみやすさを損なわずに役立つ記事を書く。
企業ブログ担当に求められるのは、専門的知識と文章力、そして発信力です。

しかしうちの場合、その手法は取りづらい環境です。

ホームページの作り方 → 当社より100倍以上知名度の高いブログが巷に山ほど溢れています
デザインのノウハウ → Nには無理です
htmlやネット関係のウンチク → 全く語れないこともないけど反応率は著しく低いです

いや、精進しろよ。
書いてる自分でもそうツッコミを入れたくなる、この現状なのですが。

ふと思ったのは「でも企業ブログって、社内やスタッフの日常もアップするよね」ということです。
先日は某社さんのブログで新年会の様子を閲覧しながら、モニタの前で1人ヨダレを垂らしていました。

そこで、「社内の日常が内輪ネタにならないための条件」を、自分なりに考えてみました。

・元々お客様と友人のようなお付き合いをする社風で、閲覧するユーザーの中でもお客様がかなり高い割合を占める。
・全てのユーザーに伝わりやすいような表現で書かれている。
・会社に親近感を持ってもらうことを目的として、1週間に1回くらいの頻度で社内の日常を紹介する。
・いきなり「スタッフの◯◯が」と固有名詞を出さず、最初に軽く紹介する。
・登場人物を3人以上出さない。
・斬新な発想と面白い切り口と高い文章力で、会社を知らない人含めて誰もが楽しめる記事になっている。

ちなみに何1つできていません。

敢えて言うなら、1番上が当てはまるような、当てはまらないような。
しかし反応は、喜んでくださる人と呆れる人の2パターンあります。後者は主に社長ですが。

しかし専門性が高くてもブログの記事にはできない内容の場合、特に話題といえる動きがない場合など、企業ブログはネタに困る事態が頻発します。
そんな時は、地元ネタや「私がお勧めする◯◯10選」なども、喜ばれることが多いのではないかと思います。

内輪ネタで許される事例も、あるにはあります。

うらやましすぎる例外

誰もが「内輪ネタを読みたい!」と口を揃える企業になれるのが、恐らく一番良い形ですよね。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

もしハートブレーンHPがカード型デザインになったら

時代に取り残されたweb会社、ハートブレーンです。

今、世間では「カード型デザイン」なるものが注目されているようです。
カード?名刺のようなwebサイトのこと?
と思っていたら、全く違うようです。

DeNA公式サイト

WordPressテーマ「Grider (tcd015)」

トレンディーすぎて扱い切れない予感しかしません。

しかし、そうも言っていられません。
うちだって、腐ってもweb会社。
田んぼのど真ん中だろうが、社長のギターが鳴り響く環境だろうが、常に流行を追い、お客様に最先端の技術を提供する義務があるのです。

なので、試しに自社サイトをカード型レイアウトにしたらどうなるか、試してみました。

多分実際はもっと違う

今、我が社に必要なのは、背伸びしない勇気だと思います。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

ブログでの検索キーワードには日頃の行いが表れる

Yahoo検索大賞発表が間近らしいので、この辺で我が社の検索大賞も発表してみようかと思いました。
ブログの平均値よりも恐らくかなり小さい検索規模だという自覚はあります。
ですが、比較するなら他人よりも昨日の自分です。
という訳で、調べてみたのですが
待っていたのは、数字よりも衝撃度が高いかもしれない結果でした。

上位20位の65%が、このネタで埋まっていました。
出るわ出るわ、PCからSMS、ショートメール パソコンから……。
全てのユーザーに胸を張って「私のスキルを駆使して解決しました!」という結果なら、エッヘン!と威張る気にもなれるのですが
フタを開けてみれば
1回目→無事に散った話
2回目→アプリ頼み
そのアプリもAndroidのみで、iPhoneユーザーには何の役にも立たない、という……。

ちなみにiPhone+mac使いの人限定ですが、iCloudで同期すれば、PCでSMSのやり取りはできます。
ただしiPhone同士のみです。

他に気になるキーワードが
「人に言える趣味」
耳が痛くなる言葉です。
集中する手段としてアニソンをヘッドホンでガンガン聞いている身としては、実家の方を向いて土下座したくなります。

「twitter 壁打ち」
脳みそを破壊するキーワードがここにも……。
そもそも業務時間内にこんな記事を書いて自己満足に浸るコミュ障社員Nを、コミュニケーション能力の高い人類誰でも友達な社長はどう感じているのでしょうか。
それを尋ねた日が、私の椅子が会社から消える日だと思います。

「dr. n.e. dan-kano」
綴り違います。dr.e.n.です。博士の知名度もまだまだのようです。
こんなことをしているから、人に言える趣味もないコミュ障になるんだ、という分かりやすい例だと思います。

普段、本人から苦情が絶えない程度にはネタにさせていただいている、我が社の代表取締役なのですが。
検索キーワードの上位にはいらっしゃいませんでした。
google画像検索では、昔の写真までもが発掘されているのに。

ド田舎の零細企業ブログの内輪ネタは損にも得にもならない、という教訓を胸に刻みつつ、今後は更に楽しんでいただけるネタを披露していきたいです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

検索キーワードは時々怖い

ブログなどでリストを2列にする時にスペースを使うのは危険

ブログの記事などを書く時、説明したい事柄をリストみたいに羅列するのはよくある話です。
そして、リストが長い場合、2列にしてしまいたい衝動に駆られるのも、あり得るのではないでしょうか。

ワードなどのソフトだと、スペースとインデントで調整できます。均等割付だってできちゃいます。
しかし、そうはいかないのが、ブラウザの難しいところ。
自分のPCではうまく表示されていても、違うPCだとずれて当たり前なのです。

主要ブラウザで試してみました。

Google Chrome
GoogleChrome

Firefox
Firefox

Safari
Safari

Google Chrome(今回書き込みしたブラウザ)では正しく表示されています。
しかし、Firefoxではほんの少し、Safariではあからさまに2列目がずれています。
IEではもっと 酷い 分かりやすい例をお見せできるだろうと思ったのですが、時間の都合上、省略します。
WindowsでしかもIEなので、更に差異が大きくなると予想されます。

きっちり揃えるには、cssを使うのが手っ取り早いですが、詳しくない人もいますし、HTMLタグを書き込めない場合もあります。
HTMLタグを書き込めない場合、この方法を取れる可能性は低いのですが、テーブル(表)を利用するのが一番早いです。
突き詰めれば他にも良い方法がありそうですし、SEO対策としては非推奨である方法なのが引っかかるところではありますが。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

DNSの浸透問題について

2015.05.23追記
先日、このこの記事の内容が間違いだらけだ、というご指摘を受けました。
自省の意味を込めて残しておく方針でいたのですが
何やら反応が思ったより多く(当社比)、本当に有害である可能性があるので、一旦削除します。

改めまして。

まず「浸透」という言葉に、大変問題があることを勉強させていただきました。
DNSの書き換えが全世界のサーバーに伝達していく、というような意味合いで使われていると思っていたのですが。
実際は、旧データの破棄までの待機時間、ということらしいですね。

回避する方法もあるようなのですが、こちらは現在、勉強中です。
詳細な内容はこちらで紹介されています。

浸透いうな!

どこまで実行できるか、現状では未知数ですが、お客様のことを考えても、サーバーが切り替わる日程を正確に把握できた方が良いのは間違いありません。
きっちり勉強して、賭けでしかなかったサーバー切り替え日数を、確実に計算できる状態にしたいものですが……
「浸透」という表現を使っているサーバーは少ないものの、「2〜3日かかります」という案内は100%見かけます。
その辺りも踏まえて、web制作会社だから、コーダーだからと放棄せずに、まずは上記の記事を完全に理解できるほどの知識を蓄えていきたいです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

浦島太郎の私が感動したYahooの追加機能

ずっとGoogle先生に依存して、Yahooはニュースのチェックにしか使ってませんでした。
しかし、ちょっと見ない間に、便利な項目や楽しい機能が色々と追加されていたようです。
しかもほとんどが昨年の話。
浦島太郎すぎる。

中でも「おお!」と思ったのは、次の2点です。

Yahoo知恵袋のインターネットカテゴリ内の中の項目がやたらと増えていた!

知恵袋とかドラマの感想チェックにしか使ってなかった

中でも、この「サイト探してます」は斬新です。
確かにそういう質問が多いですが、まさかカテゴリにしてしまうとは。
この先「無料で、広告もリンク義務もなくて、1つの被写体を様々なアングルから収めたのを10枚くらい1セットにまとめた、4000ピクセル程度の高画質で、プロのカメラマンが撮影してて、加工自由で、リクエストもOKな写真素材サイトはないですか?」などと喚き出す私のような不届き者が現れないことを祈ります。

リアルタイム検索で検索数の多いキーワードをリアルタイム検索すると、その検索語句がユーザーにどう思われているかというTwitter上での感情分析が表示される!

感情分析恐ろしい!

「好き・楽しみ」などのポジティブな内容、「嫌だ・ムカつく」などのネガティブな内容を拾って判読するらしいです。
自分の好きな有名人の名前で検索して、Good:10%、Bad:80%くらいだったら「何をーーー!!!???」という気分にさせられますが。
それで実際にそのツイートを見てみると「進撃の巨人に長○川博○と本郷○多が出るのか……映画館行く時間なんてなさそうなのが泣ける」(ノンフィクション率90%)だったりします。
しかしこの分析は楽しいですね。
というか、そもそもリアルタイム検索も知らなかったのですが。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

アメブロのアクセス解析の夢と現実

全然関係ない所で管理中のアメーバブログでのこと。

実はここ1週間、忙しくてまともに更新できていませんでした。
以前から大喜利に参加したり、ブログネタに投稿したり、姑息な手を使ってアピールしていたのですが
まさかアクセス落ちてないか……?
ふと気になって、アクセス解析を覗いてみたんです。

1ヶ月間のアクセス棒グラフ

なぁんだ。
多少は下がってるけど、ガタ落ちってほどでもないな。

一気に気持ちが軽くなり、私のマウスを動かす手も軽くなりました。
よし、ついでにみんなのPC環境でも調査しちゃうぞ!
そんな気を起こした結果

1ヶ月間の不自然な統計

不明、って何???

Windows、Mac、iPhoneにAndroid
それ以外って何かあるっけ。
ガラケー?しかしガラケーだけで60%以上のアクセス?

気になって調べてみたのですが
実はこれ、人間じゃないらしいですね。
というと何だか涼しげな夏の風物詩を連想してしまいがちですが(社長のために敢えてぼかしました)
この場合、巡回ロボットだそうです。
しかも、Googleだけでなく、アメーバのロボットもいるそうです。

このアメーバ製のロボットはかなり働き者で、アクセス数を稼ぐ手助けをしてくれるようです。
ほとんど更新できなかった1週間のアクセス解析をしてみたら

1週間の不透明な統計

不明の割合が跳ね上がっていました。
人が立ち寄ってくれない場合、その隙間を埋めてくれるらしいです。
孤独なぼっちブロガーの癒しです。

そんな癒し系ロボットの足取りを追うべく、訪問元も辿ってみました。

本当にこんなにブクマついてたら言うことない

本当にこんなにブックマーク率が高かったら、一躍有名ブロガーですね。

もちろんこれはロボットの足跡です。
他からはどうせ誰も……と思っていたら
下には30%以上を占める、見覚えのないブログのURLが。

もしかして、誰かが、紹介してくれてる!?

更地

癒しロボットの気配はここにもあるようでした。

手の込んだことするなぁ。
ある意味感心しますが、ぬか喜びだとわかった瞬間の落胆する度合いは計り知れないので
できれば訪問をご遠慮いただきたいです……。

しかし、企業努力は素晴らしいと思います。
アクセス解析を覗いて、連日アクセスしているのが自分のみだったりしたら、モチベーションは下がりまくりです。
そう考えると、水増しもそこまで責められないかも。

ヘルプで煽らないでください

これテンプレートでもあるのかな

こんな企業努力はいらない。

海外の昔の入浴事情について語った記事に対するコメントなのですが、どこに共感したのでしょうか。
入浴断ちたいんでしょうか、1年間ほど。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

昔よく見たホームページ

仕事中にTwitterをチェックしたら
「Twitter初心者みたいなツイートをしよう」だの「インターネットください」だの
何だかリバイバルブームが来ているようなので
懐かしさに駆られて、一口乗ってみました。

昔はこういうページをよく見ました。

ほめぱげへようこそ

自己紹介系。その実態は、インターネットで彼氏彼女を探してみよう系。
ハイテンション且つ自己主張を巧みに織り交ぜているところがかわいらしいですね。
ちなみにデザインは「昔のホームページビルダーで作ったサイト」を目指しました。
確かこんなのでしたよね?

オリジナルネーミング

黒背景に、少し病んだ感じのデザインとコンテンツ名。
そしてプロフィールから注意書きまで、背景以上に黒いものが立ちこめるテキストがぎっしり。
管理人は一体誰とケンカしてるんだろう、という疑問が湧いたものです。
ちなみに「右クリック禁止」は、ソースコードをブラウザから見ていたので、本気で意味がわかりませんでした。

下の例は、デザインセンスは良いパターンが結構あったのですが
デザインのできないNにはこれが限界でした。

しかし、上には更に上がいるもので。
同じ黒背景なのですが、その昔は、目玉が飛び出そうなほど卓越したセンスのサイトがありました。
数年前に惜しまれつつもサイトを閉鎖したのが残念なところ。
せめて形だけでも残しておいてほしかった……。

我が国が誇る、文化遺産です。

このセンスには一生勝てそうにない

当時、割と本気で和んだサイトでした。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

ネット用語が難しすぎて涙が止まらない

今日の朝礼は、言葉遣いについてでした。

「ご覧になられましたか」→二重敬語なので×
「全然大丈夫」→全然の後には打ち消しや否定の言葉が入るのが正しいので×
「了解です」→認める、承認するの意味を含むので、先輩や上司への返答としては×

これを全部やっちゃってたのは、どうやら私だけじゃなかったと判明した今日の朝礼でしたが
社長曰く「SNS用語やね」とのこと。
SNS用語?そんなのあるの?と思って調べてみたところ

ネット用語解説サイト「ネット王子」によると
各SNSに用語があるようです。
個人的に一番利用頻度の高いFacebookから抜粋してみました。

垢消し:アカウントを削除する行為のこと。
バイトテロ:バイトで働く人物が働き先において迷惑行為を行うこと。例えば飲食店において、業務用の冷蔵庫の中に入りその姿をTwitterやFacebook上に投稿すること。
in減:ログインの回数を減少させること。
トプ画:トップ画像の略で、プロフィールページなどのトップ画像のこと。
ソーハラ:「ソーシャルハラスメント」の略で、SNS上でのセクハラのこと。例えば自らのポストに対して「いいね!」を強要するような行為を指す。

1つも知らない……。

Facebookですらこの有様なのですが、Twitterやニコニコ動画の項目も見てみたら
同じ日本語かどうかも軽く考える始末でした。
Twitterは、そもそもリフォローとかフォロバとかリムブロとか、元々難解でしたが。

おばさんがおばさんなりに勉強してみた結果
社長が仰せになった(上司に対する正しそうな敬語を使ってみました)SNS用語の意味が間違いだった、という事実だけ把握しました。
了解とか全然大丈夫は、単なるおかしな日本語です。

二重敬語に関してはNは常習犯なので、気をつけていきたいと思います。


用功中 勉強してする / Richard, enjoy my life!

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

病は気から?「サイバー心気症」

前回少しだけ取り上げた「サイバー心気症」
この症状って、まだそんなに話題になっていないらしいのですが
調べてみると、本当に恐ろしい症状なのですね。

身をもって思い知りました。

ある日、肩こりが酷すぎて背中や肩と胸の境目辺りが痛み出したので、怖くなって検索してみたら
検索1ページ目で覆い尽くされているどころか、予測検索にまで出てきた言葉が
がんでした。
その日1日、Nは涙目で過ごしておりました……。

数日かけて痛みが引いていくのと同時に、涙も引いていきましたが。

このように
胸の痛み→急性心筋梗塞、大動脈解離
左肩の痛み→心臓病
腹痛・便秘→腸閉塞
など、あらゆる恐ろしい病気がずらりと並ぶのがネットです。
もちろん出てきたタイトルや内容を落ち着いて読むと、あくまで可能性の一つでしかないと分かるのですが
不安に駆られて検索して、大変な病名が太字で出てきたりした日には、しばらく頭を離れないものです。
少なくとも私はそうでした。

しかも「同じ症例で大したことなかったって話も見たい」と、Yahoo知恵袋や教えてGooなどを開き
同じ症例で大病だった結果ばかり出てきて、更にどん底まで突き落とされたり。

しかし、あくまで例は例です。
更に言えば、極めて少ない事例だからこそ、こうして症例としての価値が出てくるのです。
左肩の痛みが全て心臓病だとしたら、症例とか出される前に「今すぐ医者に行くように」と厚生労働省辺りの勧告ページが1番上にヒットしそうなものです。

なので、まず、不安になったら実際に医者まで足を運ぶのが一番です。
夜中に見てしまった人は、とりあえず一眠りして、翌朝まで待ちましょう。
何かあれば、「ごく早い発見」として大事になる前に鎮火する可能性は高く
何もなければ、医師に笑い飛ばされるだけです。

Nは実際に、不安になる→診察に行く→何事もなく帰される、というコースを5回ほど経験していますが
さすがにその繰り返しで診療代が惜しくなった人は
ひとまず目の前のパソコンの電源を切って下さい。
その上で、自分の症状が今、本当に診療が必要なレベルかどうか、自分の胸に聞いてみて下さい。
基本的に、普段の生活に全く支障がない場合は、何事もない可能性が高いです。
それでも不安な場合は、身分を証明できる医師、もしくは政府機関や有名国際団体公認のサイトで情報を得るか
「アスクドクターズ」「ジャストアンサー」で質問するのも良いでしょう。
有料ですが、その分信頼性の高い回答を得られます。

ただし、痛みはないものの、目に見えるほど明らかな変調(出血や異様に硬いしこりなど)がある場合は
大病ではなくてもとりあえず何かある場合もあるので、診療をお勧めします。

検索結果の上位に出てくる情報が有益且つ一般的な情報だと考える人もいるようですが
それは絶対にあり得ない、と言い切れます。
最近では、怪しげな情報サイトが有効なSEO対策を用いて、検索結果の上位を占めることもあるようです。
しかし、有益な情報は、いくつもの症例を実際に診て治療してきた専門家である医師の診察でしか得られないものです。
ネットはあくまで可能性の模索、情報収集の場です。
情報の取捨選択は、ユーザーの自己責任なので、まずは自分の胸に聞いてみることから始めましょう。
そして自分が心配性である自覚があるなら特に、ちょっとした症状をネットで検索する行為そのものをストップして下さい。

「病は気から」という諺もあるように、思い悩むと本当に体を壊してしまうものです。
進むのも、戻るのも自分自身です。

と、散々偉そうなことを書いていますが、今回の内容全部、自分への戒めだったりします。
私も現在は脱・サイバー心気症の道半ば。
不安すぎて調べずにはいられない、ではなく、不安になったら専門家に頼る。
まず必要なのは、大量の情報ではなく、日常生活における判断と、冷静な視点なのです。
一番確実な情報は、自分の体にしかないのですから。

診察

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

ブログにおける知的財産権の基準

実は某所のアソシエイトに申し込んでみました。
審査結果はともかく、その審査条件の一つに

その他知的財産権を侵害している場合

とあるのですが……

ブログの場合、正直、本やCD、果てはテレビの画像までガンガン使われているのを見かける機会は少なくありません。
「これオススメ〜」から「これwwwちょっとwww」と一部のみで有名な草生やした意味での紹介(というかネタ)まで。
何にしろ今時のブログは、画像なしでは成立しない記事だらけです。

社長
意味もなく挿入してみた社長スマイル。
これも知的財産権が発生するんだろうか……。

という訳で、訴えられたら怖いし ちょっとだけ調べてみたのですが……
う〜ん。
なんか、明確な正解って、なかったりする???

基本的に、CDとCDジャケット、本と本の表紙カバーは、著作権が発生する先が違うそうです。
ジャケットも表紙カバーも、一つの芸術作品ですからね。
確かに嵐のCDジャケットがニノオンリーだったらまずCDはおいといてジャケットだけ飾るかもしれない

とりあえずは、ジャケットや表紙カバーを画像として使いたい場合は
悪質な使い方ではないのを前提として割と黙認されている面もあるようです。
ただ、その基準は出版社などによって違いが大きすぎるので、黙認は全く保証されません。
なので、使用する際は、著作権が発生する先に問い合わせた方が無難なのだそうです。

やっぱりそうなりますか………………。

ちなみに、巷で噂されている
「がんばろう東京、が知的財産権の侵害になる」
というオリンピック関係の便乗商法規制問題。
大げさな…と鼻で笑っていたのですが、これ、ロンドンで前例があったらしいですね。

ということは、日本でもそうなる可能性は充分にあるかも……

知的財産権、怖い。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

面白いコンテンツを作るのに必要なもの

近々、ハートブレーンからものすごーーーく久しぶりのニュースレターが発行される予定です。
その作業中に、思ったこと。

【面白いコンテンツを作るのに必要なもの】

1.発想力

まずは思い浮かばないことには、何も動きません。
ここでいかにユーザーの心を掴み、ファンを増やすか。
最も重要な勝負所です。

ダメな例(※社長に見事なまでに失笑される)

2.社員の協力

社員の協力
画像は名誉社員(もうすぐ社長)おっくん

何を提供するにも、一人では無理です。
他からの新しい発想や、画像協力。更にはプライバシーの使用許可など。
特徴的な社員がいればいるほど、無限の力になり得ます。

3.実行力

思い付いても、協力を得ても、最後に実行するのは自分の手。
手間を惜しんだり、面倒がったりした時点で、ネタは去っていくのです。
思い切って、笑いを外す・失笑される・クレームが入る、などのリスクを恐れず、まずは実行あるのみです。

実行力
最早なめてるとしか思えない領域。

というか、この写真撮影をお願いしたM谷さん
N「あの〜お願いがあるんですが」
M谷さん「え?何?またパン買って来いって言うんじゃないですよね
その発想力に嫉妬。

4.自分を晒す勇気

たとえ画像の体が太ましい女体であろうと、ツッコミを入れるのは紳士的ではないと思います。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

DropBoxなるものを使ってはみたものの

恐らく世界で100番目くらいには、流行のアプリケーションに疎いIT従事者Nです。
例の如く、巷で噂の DropBox 登録したのが今年に入ってから。
何とも優秀な情報網です。

で、遅れ馳せながら使ってみたものの……

DropBox画面

最初からいきなり混乱しました。
というのも、実は前にこのPC使って、今はヒキコモリやってる同僚Hが、自分用のアカウントに設定した後だったんですよ。
で、ヒッキーライフを有意義にするために、自宅のPCと連携させていた、と。

彼女の名誉のために補足しておきますと、単に自宅作業になっただけです。

なので最初は「設定が めんどくさい 理解できる自信がない」という大義名分の下、私Nのアカウントはweb上からのみの操作だったのですが……
いつか来るべき日が来ました。
ええ、突っ込まれたんです。社長に。
で、 仕方ないから 設定し直してたんですが……私、DropBoxに全然寄り添ってなかった!
少しも理解しようとしてなかった!
ごめんねドロップ!(何)
反省しながら設定画面を漁り、スタートガイドを見ながら作業し、こんなのを見つけました。

DropBox記憶領域

ほほう、こんなものが。
無料というからには、課金じゃないのだろう。
どんな条件かね?出してみたまえ、きっと叶えてみせよう!
そんな意気込みでクリックしたのですが

DropBox記憶領域増加条件

その……あれだ。
もう少し、もう少しだけぼっちにも…………優しく…………。

皆様、SNSは有効に、友達の輪を広げて、明るく楽しく利用しましょう!
………………………………ね。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ
TOP