福井県のweb制作は有限会社ハートブレーン

SNS間でのデータ移行が楽になるらしい

企業や店舗は特に、TwitterもInstagramもFacebookも併用している、という方が多いと思います。
しかしFacebookとInstagramは同時に投稿できますが、TwitterやGoogle+などは、そういう訳にもいきません。
結構面倒なので途中で止めちゃって、Google+が埃かぶってる状態あまり活用できなくなりますよね。

SNS投稿

最近、このような動きがあるそうです。

Google、Microsoft、Facebook、Twitterがユーザーデータ移行プロジェクト「DTP」立ち上げ(ITmediaNEWS より)

恐らくこのような構図になるのでしょうか。

SNS一括投稿

ここでもハブられてるLINESNSの時代ですから、便利に使うために競合他社が協力し合うのは、意義のあることだと思います。

しかし、移行できるデータの範囲が、この記事だけでは分かりませんでした。
投稿内容なのか、プロフィールデータなのか、フォロワーもなのか。
前者2つだったら便利だね〜で済みますが、フォロワー持ち越しは、用途別にSNSを使い分けている層は少し困るかもしれません。そんな後ろ暗いアカウントを作るな、と言われたら返す言葉はないのですが。

あと、投稿内容の共有の場合、「重複した文章内容は評価を下げる」傾向にあるSEO対策がどうなるのだろう、という心配もあります。
「重複した文章内容は評価を下げる」という情報自体が古いのかもしれませんが。

しばらく様子を見て、便利そうだったら活用したいと思います。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ
TOP