ミスタードーナツの新型店舗

今日は齊藤さんと2人で、遠方までお出かけしました。
打ち合わせ、とも言います。
しかし北から南まで結構な距離を走ったので、もうドライブってことで良いのかもしれません。

その帰り道、今も事務所で頑張っているであろう社長&社員さんのために、陣中見舞いを……!
という名目で、ミスタードーナツに立ち寄りました。

齊藤さん「ここだったら、Dポップ詰め放題なんですよね」

能登(この人、なんか夢でも見てるのかな……)

結論:夢でも見ていたのは、能登の方でした。

本当に詰め放題でした、Dポップ。
フタさえ閉まればいくらでも詰めていい、という男前な仕様です。
ガンガン詰めました、齊藤さんが。
ギチギチに詰めました、齊藤さんが。
ちなみに能登が詰めていたら、グチャグチャの中身にフタが閉まり切らなくて崩れた挙句、お店から出入り禁止になりそうです。

ドーナツ

店員さんに「なんで詰め放題なんですか?」と聞いてみたところ、店舗の型が他とは違う、とのことでした。
福井にはまだ2店舗ほどなのですが、「新型店舗」というものがあるそうです。

ドーナツも調理も“むき出し”にした新ミスド(日経ビジネス より)

2年前の記事なのですが、Dポップ詰め放題で、店舗独自メニューもあり、ドーナツを作る過程が見えるオープンキッチンという、カフェのような店舗展開を試みたのだそうです。
代わりにお馴染み100円セールなどはないようですが、定番商品の一部が100円なのだとか。

老舗には老舗の愛される理由があるとは思いますが、こうして長所を無闇に捨てず、時代に合わせた新しい道を模索する努力を放棄しない、という点は、愛される理由の中でもかなり大きい方だと思います。
あとは福井駅前にミスタードーナツを残してくれさえいれば……。

事務所に戻った私たち(というか齊藤さん)に、社長がニコニコとしながら語りました。
aキューブに和紙ックショップを作りたいね。齊藤さん、売り子として1日中店にいてね」

夢でも見ているのは、まず我が社の代表らしいです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ