30代のSNS利用率調査結果

いえ、能登が調査した訳ではありません。 いつもの他力本願です。

高校生Twitter利用者の52.7%は「実名利用」、実名利用している高校生のうち41.1%は「すべての人」に情報を公開(MMD研究所様 より)

SNS

若年層のみの調査ですが、各年代の傾向がよく出ている気がします。 Twitter強っ!少し前までは下火だって言われていましたが、全くそんな心配はなかったようです。 140文字でお手軽に呟けて交流できる、という点が強みにならないはずはないですしね。 むしろFacebookの方が危ういです。

なのですが、30代に絞って見てみたところ

30代のSNS利用率

ほとんど差がない……。

30代がメインターゲット層でSNS展開を考えている方、大変そうです。 主要SNS3つとも似たような数字で、しかも40%代後半ならともかく、30%代半ばだと旨味もそんなになさそうです。 こういった場合、ターゲット層のSNS利用傾向を充分にリサーチした上で、確実に印象に残る発信をする必要があります。

ちなみにLINEのタイムラインの結果は省略しました。 必要性を感じなかった……訳ではなく、データ元に30代のLINEのタイムライン利用率の数字が何故かなかったからです。 ところでLINE自体の利用率は今や50%を超えますが、LINEのタイムラインは30%前後です。 個人的に私もそうなのですが、LINEはSNSというよりメッセンジャーの印象が強いかもしれません。

しかしまずは、どのSNSを利用するにしても、発信内容を精査しなければいけません。 通報されたりしたらお終いですから。

 
ね?
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ