社内の半数がインフルエンザに侵されたから言えること

ハートブレーンの社員数は、社長を含めて4名です。

38度以下でもインフルエンザ

子供→親→自分、とお決まりのコースを辿ったのが能登家です。
お正月の思い出=病院通いとなりました。

分かり切っている事実ではありますが、インフルエンザは空気感染はしません。
「飛沫感染」と「接触感染」の2種類です。

接触?触ったらあかんのなら仕事一緒にできないよね?と思われるかもしれませんが、少し違います。

飛沫感染

飛沫感染
咳・くしゃみ→咳やくしゃみによって飛沫が飛び散る→飛沫を他の人が口や鼻から吸い込む

接触感染

接触感染
口を手で覆って咳・くしゃみをする→その手を洗わずに物に触れる→他の人が同じ物の同じ箇所に触れる

下手くそな絵なので分かりにくいかとは思いますが、この2パターンだそうです。

感染者はマスクと手洗い必須です。普通のマスクではなく、医療用マスクが望ましいです。
そしてまだ感染していない人は、マスクをしていない人がやたらと咳き込んでいたり「だるい〜熱っぽい〜」と喚いていたら、なるべく距離を取ってください。
3メートルほど離れたところで「医者!今すぐ!」と、医者に行くまで叫び続けましょう。

人は何故か、普段は対して働かない能登のような怠け者でも、体調を崩すとやたらと動きたがる習性があるように思います。
しかしインフルエンザは感染力が強く、一旦感染してしまえば1週間は動けません。
こんな時でも働かなきゃ!ではなく、こんな時だからこそ全てを後回しにして休む勇気を持ってください。

だから寝てください、社長。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ