自分の1日の歩数という現実

私の周辺には、iPhone派が多いのですが。
同年代の女性が、やはりiPhone派なのですが、ヘルスケアというiPhoneの標準機能であるアプリで、歩数をチェックしていたんです。
そして「デスクワークしてると、1日1000歩も歩かない日があるんだよね。もっと運動しなきゃ!」という前向きな言葉。

ウォーキング

そういえば私も、ヘルスケアで歩数がカウントされる設定にしたままだな〜、と思いまして。
自分の歩数が、ふと気になったのです。

すかさずチェックしました。

自分は同年代の中ではそこそこ運動している方だと、自負とまでは言わないけど、それなりに自信はあったのですが。

ヘルスケアの歩数データ

これが現実でした。

1日1000歩も歩かない日、どころではありません。
基本的に1日3ケタの歩数、下手すると500歩も歩かない日も……。

自惚れていた事実が恥ずかしくもあり、ここまで運動不足だったかという自己嫌悪も芽生えたのですが。
考えてみれば、そんなはずはないんです。
会社で私のデスクからお手洗いまでの往復だけで50歩になります。
お手洗い×5くらいの歩数で、普通に生活できるはずがありません。
そもそもほぼ毎日買い物に寄っているのに、500歩なんて……

あり得ました。

私、スーパーではカートを押して楽をする人なのですが、iPhoneの入ったバッグを、いつもカートにぶら下げていました。
精度が高いと言われるiPhoneの歩数計ですが、カートだとカウントされないようです。
そういえば、以前にベビーカーにスマートフォン(確か当時はAndroid)を入れていた時は、自転車での走行扱いになっていたような気がします。

歩数を気にする以上、今後はきっちりiPhoneを肌身離さず身につけて生活しようと思います。

それ以前に、スーパーでカートを押さずにカゴを持ち歩けよというご指摘には、今は耳を塞ぐことにします……。
通勤往復1時間40分の距離を運転する日々が、最近、きつ……い……。
年は取りたくないものです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ