毎日が記念日になり得るのは日本語だから

ふとYahooを見てみたら、こんなのがありました。

いい買い物の日

んん?何これ。
こんな日あったっけ。
そう思って、こちらのサイトで確認してみました。

11月11日(今日は何の日〜毎日が記念日 より)

麺の日だのもやしの日だの、ああやっぱりな、というラインナップでした。
1111ですからね。
ポッキーの日は最早定着していますね。
日本でのバレンタイン&ホワイトデーといい、菓子業界の力にひれ伏さずにはいられません。
江崎グリコ様の努力の賜物です。
私も、我が家で帰りを待つかわいい子供のために、トッポを買って帰ろうかと思います。
そして恋人の日なんかいりません。いりませんよねぇ!!!???
2月14日、6月12日、7月7日、クリスマスイヴだって実質そうじゃないですか。それに11月22日に「いい夫婦の日」なるものが控えていますし。年に6回もいりません。忌々しい。

ですが、肝心の「いい買い物の日」はどこにもありませんでした。
どういうこと?と思い、いつものようにGoogle先生にお尋ねしてみたところ

いい買物の日(11月11日)がそうでもない件(ひたすら節約ブログ – 貯金につながる節約術様 より)

こちらのサイトによると、Yahoo、ファミリーマート、Softbank、TSUTAYAなどが結託して、勝手にキャンペーンを開始したようです。
記念日とはこうして作られていくものなのでしょうか。
メディアの力の片鱗を見た気がします。

しかし、11月11日で「いい」だったら、何にでも使えるような……。
「いい生活」で臨時ボーナスの日とか。
「いい食事」でお食事会の日とか。
「いいおもちゃ」で小川秀夫の日とか。
よろしくお願いします、社長。

そもそも今日って、第一次世界大戦の停戦日だそうですね。
ポッキーとか買い物とかより、まずは神社に参拝するべき日なのかもしれません。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ