ラジオ体操の恐ろしさを実感した

社長がいない のどかな 寂しい仕事中。
自主休憩中に、我が社の女性スタッフMさんが、上品な雰囲気を身にまとい、柔和な笑みをたたえながら、紅茶を片手に優雅な仕草でこうおっしゃいました。

「ラジオ体操第4って知ってる?これできたら、フレンチ奢ってあげる」

アニメ鑑賞しながら踏み台昇降運動を日課にしている私に向かって、何をおっしゃいますやら。
寄る年波には勝てないとはいえ、ラジオ体操です。
夏休みに小学生がやる、あれです。

よし、フレンチいただき!
そう思いながら、早速検索してみて、いざ挑戦。

明らかに後ろの人の仕事の邪魔してます

そうそう。ラジオ体操ってこうだよね。

太い腕

わかるわかる。

太い腰

私、ラジオ体操してる。(年が邪魔をして曲げ切れないけど)ラジオ体操してる!

いきなり雑技団の世界に入った

さようなら、フレンチ。

N◯Kの少子化推奨健全青少年撲滅企画……などでは当然なく、どこかの企業のPRを兼ねたエイプリルフールのネタだそうです。

確かに途中からネタ満載でした。
体操の掛け声に「足で胸の鼓動を感じましょう」とか「上の人は下の人を信頼して駆け上がりましょう」とか。
どこの世界に、相手への信頼を要求する体操が存在するというのでしょうか。

そういえば、検索結果で、この動画の2つくらい下に、バラ科ナシ属の植物を司る妖精さんがラジオ体操をしている動画がありました。
是非ともこの体操にも挑戦していただきたいです。
不可能ではない気がします。何となく。

第4はネタとして、ラジオ体操第3は実在したらしいですね。
難しすぎて今は幻になってしまったようですが。

幻の「ラジオ体操第3」がなんだかスゴイっぽい…!(NAVERまとめ より)

少し興味があるので、今度我が社の朝礼でラジオ体操第3をする提案をしたいです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ