裏切りのメカニズム

今日、パートタイマーのMさんが、時間外だというのにわざわざ「ちょっと手が空いたから」と仕事に来ました。
時間外だというのにわざわざ。
Nでは到底あり得ない現象です。

そしておやつまで持ってきてくださったのです。

カンパンみたいな味だと思ってた

眼鏡堅パン。
鯖江がメガネフレームの生産が9割以上だとか、鯖江がちょっと昔に有名な人にパンがうまいと誉められたとかで、謎の融合を果たしたこのお菓子。
私も福井土産として、志を同じくする知人に贈ったりはしたのですが、食べたことはありませんでした。
ネーミングからして、カンパンのような味を想像していたのですが、ほんのりと口に広がる甘みに癒やされます。
黒ゴマ効果でヘルシー、そしてアゴも鍛えられて更にヘルシー。
ものすごく控えめな甘さなので、男性にも喜ばれるのではないでしょうか。

しかし、さすがハートブレーンの知略家Mさん。
おやつには信じ難い注文まで付加されていたのです。

「この堅パンを眼鏡代わりにして、社長とHくんとNさんの自撮り画像を私に送ること!」

どこに需要があるのかさっぱり読めない発注ではありましたが、とりあえず昼休みを終え、ノコノコ現れた社長に相談したところ
「じゃあ、今撮ろうか」
あっさりと快諾。
さすが心の広い社長。美人には特に寛大です。

発注と明らかな違いがある

発注内容と、明らかにズレがある人が、センターを乗っ取っておられます……。

この、人が人を裏切るメカニズムですが、元はといえば、自分のことが信じられないのが発端だそうです。
だから、自分でも信じられない自分という人間を信じる他人が信じられなくなり
その結果、裏切るらしいです。

詳細はこちらに書かれています。

『信頼の心理学〜あるいは裏切りの心理学〜』

実は画像ですが、自撮り画像を撮影した後、私は眼鏡堅パンを早々にいただいてしまったので、まだ無事であった社長からお借りして、眼鏡堅パンのみを撮影しました。
その際に「また何か企んでるやろ?」と言われたのですが、これも上記のメカニズムに当てはまりそうです。
他人を信じましょう、社長。

しかし「そんなことしませんよ〜」とか言いながら、しっかりこんな記事を書いている私にも、上記のメカニズムが当てはまりそうな気がします。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ