DNSの浸透問題について

2015.05.23追記
先日、このこの記事の内容が間違いだらけだ、というご指摘を受けました。
自省の意味を込めて残しておく方針でいたのですが
何やら反応が思ったより多く(当社比)、本当に有害である可能性があるので、一旦削除します。

改めまして。

まず「浸透」という言葉に、大変問題があることを勉強させていただきました。
DNSの書き換えが全世界のサーバーに伝達していく、というような意味合いで使われていると思っていたのですが。
実際は、旧データの破棄までの待機時間、ということらしいですね。

回避する方法もあるようなのですが、こちらは現在、勉強中です。
詳細な内容はこちらで紹介されています。

浸透いうな!

どこまで実行できるか、現状では未知数ですが、お客様のことを考えても、サーバーが切り替わる日程を正確に把握できた方が良いのは間違いありません。
きっちり勉強して、賭けでしかなかったサーバー切り替え日数を、確実に計算できる状態にしたいものですが……
「浸透」という表現を使っているサーバーは少ないものの、「2〜3日かかります」という案内は100%見かけます。
その辺りも踏まえて、web制作会社だから、コーダーだからと放棄せずに、まずは上記の記事を完全に理解できるほどの知識を蓄えていきたいです。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ