自分の写真技術に絶望した

今日の夕方、会社の上空を飛行船が飛んでいました。
社長と車で必死に追いかけたのですが(実質追いかけたのは運転手である社長のみ)我々の尾行に感付いているかのように順調に遠ざかっていってしまいました。
なので、飛行船の正体はわからず終いでしたが、すぐにFacebook上で確認できました。

保険会社だったのは意外だった

正体は保険会社だった、というのも意外でしたが(てっきり来週福井空港で開かれるスカイフェスタの宣伝かと思ってました)
日本で唯一の飛行船、というのは更に意外でした。
当たり前のように存在するかと思っていたのですが、明らかにテレビによる錯覚ですね。

ちなみに、社長の功績
社長の個人情報流出

何だか個人情報が微妙に垣間見える画像ですが、社長はこのままFacebookにアップしていました。
余計な事ではありますが、iPhone水没から無事復活して良かったですね、社長。

そしてNの功績
豆は枝豆が好きです

綺麗な青空ですねという感想しか出てこないかとは思いますが、中央付近にある豆粒が飛行船です。
撮影した本人も、認識するまでに5分近く必要としたのですが。
車から降りて必死に追いかけて撮影したつもりだったのですが、逆光に負けて適当にシャッターを押した結果です。

以前に見たテレビ番組で、シャッター速度を速めに設定すると、動く物でもブレが少なくなる、という話を聞きました。
今回撮影したスマートフォンどころか、家に常備されているデジタルカメラにもそんな機能はなさそうなのですが。
果たして、写真教室にでも通って腕を上げてから一眼レフを購入するべきか、先に一眼レフに慣れてから写真教室に通うべきか。
絵に描いた餅としか言いようのない学習計画が、私の中で幕が上がろうとしています。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ