WindowsとMacを自分の都合のみで比較してみた

Facebookに投稿した記事をニュースフィードから修正しようとしたら、右上のメニューに「編集」という選択肢がありませんでした。(削除とフォローのみ)
仕方なくスマホから編集して更新しました。

そういえば、前にも購読しているファンページの記事をシェアしようとしたら、macでもスマホでも待てど暮らせど一向に反映されず。
おうちのPC(windows7搭載)でシェアできた、という事案もあったっけ。

というわけで、macPCからFacebookを利用する際の注意点を……
まとめようとしたら、3時間後にはその現象が消えていました。
編集できます。シェアもできます。

何だったんだ……。

せっかく見つけたネタが不発に終わった腹いせに、WindowsとMacの違いを私なりにまとめようと思います。
解説なんかできません。並べ立てるだけです。
職場ではmac OS X(SnowLeopard)、自宅ではwindows7を使用しているNの、完全に個人の都合によるまとめです。

Windows

  • <メリット>
  • メジャーなのでちょっと分からない事があっても教えてくれる先生がいっぱいいる(リアル、ネット共に)
  • ブルーレイ対応
  • IEが搭載され、IE TESTERもあるので、webサイト作成時に(一番厄介な)IEシリーズでの表示確認が簡単
  • FTPソフトに日本語のものがあり、しかも使い勝手が良い(具体的にはFFFTP
  • その他ソフトはほとんどwindowsに対応しているので、使えるものが多い
  • プリントスクリーン用のキーがありワンタッチでOK
  • 不可視ファイルを表示したい時(その逆も)設定が簡単
  • PCの価格帯が広いので、比較的安価でも買える
  • <デメリット>
  • 起動するまでに時間がかかる
  • 同じソフトでもmacの物より値段設定が高い場合がある
  • メジャーなだけあって、ウィルスが蔓延している
  • プリントスクリーンしたものは、ペイントなどの画像編集ソフトを開いて、新規ファイルに一旦ペーストし、保存しなければならない
  • windowsのメニューキーがうざい。時には便利なんだけどうざい(主にショートカットキー使用時)
  • 電気屋などでメーカーPCを買った場合、最初から付加されているソフトが多いし重いしめんどくさい(消すのが)そして店によってはしつこいくらい勧められる某回線を断るのはもっとめんどくさい。

Mac

  • <メリット>
  • 起動が早い
  • ウィルスの脅威が少ない(広める人が少ないから)
  • プリントスクリーンは、コマンド+シフト+3のショートカットキーで行い、デスクトップに自動保存される。しかもコマンド+シフト+4で範囲指定もできる
  • ファイルを開いたりするまでの手間が少ない。表示するファイルの種類、という不要なダイアログがないから。
  • カラー調整が簡単で、モニタで見る色と印刷する色の誤差を少なくすることもできる。詳細はこちら
  • 画像や映像を編集して持ち込む場合、業界はmac使用している所が多いので、データの受け渡しが楽
  • PCのデザインがかっこいい
  • テキストエディタにありがたみがあるものが多い気がする(完全に自己都合)
  • <デメリット>
  • マイナーなので、操作に行き詰まったら自力での脱出が必要
  • ブルーレイに対応していない
  • webサイト作成時に(一番厄介な)IEシリーズでの表示確認が困難
  • FTPソフトに日本語対応のものがなく、操作も難しい
  • macでは動作しないソフトが多々ある。しかも有名どころのものまで
  • Flash再生ソフトを自動でアップロードしてくれないので、多少ではあるが自分での操作が必要(通知は来る)
  • 不可視ファイルを表示したい時(その逆も)は、ターミナルを起動してコマンドを入力するか、専用フリーウェアを探してきてダウンロードするかしないといけない
  • PCの価格設定が比較的高め(選択肢も少ないけど)

私も数年前にPCを買い替える際、随分迷ったものです。
迷って迷って、どちらかといえばmac寄りだったのですが……
相談した友人からの「macだとゲームできんよ」の一言で、あっさりwindowsに寝返ったわけですが。ごめん、Apple。
むしろこれだけデメリット多いのに、それでも迷った私の愛をわかってほしい

窓とリンゴ

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ