SEOは奥が深い

SEO…というかGoogle基準って、日々変動している気がします。
株価みたいな感じ。
うまく流れに乗るとそれ相応の結果が出て、でも乗り続けるといきなりハシゴをはずされ。
あ〜もう!復活してくれ日経平均〜!(関係ない)

というのも、今日、2社のSEOチェックを比較していた人に質問されたのですよ。
キーワード、増やした方がよくないですか?と。
ないない……と思ったのもつかの間、SEO対策成功している企業のキーワード数はそこそこ多く。
現在テコ入れ中の企業は6〜7個止まり。

あれれ?

一昔前は「キーワードは多いとSPAM認定されるから5個まで」とか
下手すると「キーワードいらない」とか言われてた気がするのですが……
時代が変わったのか、はたまたNが間抜けにも都市伝説を信じ切っていただけなのか。
う〜ん、難しいぞSEO、というか検索エンジンにて永久就職中のロボットちゃん。

そもそも「SEO対策」という呼称すら言葉として成立しないという声もチラホラ。

SEO = 検索エンジン最適化
SEO対策 = 検索エンジン最適化対策

ま、まあ……「最適化」と「対策」が同じ意味合いだというツッコミが生まれますね。
「検索ロボットに見せるためのタグを最適化するための対策」という補完はできなくもないかな。

考えてもキリがないから無理矢理辻褄合わせただけだろう、というツッコミは、生まれる前に土の下に埋めておいていただけると助かります。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net/

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ