wordpressのこと

wordpressのカスタマイザーでエラーが出た

WordPressを更新する時に、主にアクセスするのが「投稿」や「固定ページ」で、その次くらいにプラグインなどの更新かな、と思います。
使い方は人それぞれなので、カスタムフィールドをお使いの場合や、ギャラリーに利用している場合は別ですが。
私はwordpressのphpデータの全てを知り尽くして管理画面から何から全部好きなようにカスタマイズできるだけの知識が欲しいです。

wordpress

そんな適当な仕事しかしない能登なので、今回久しぶりにアクセスしたカスタマイザーで、呆然とさせられました。

管理画面の外観→カスタマイズ及びウィジェットメニューが、何と真っ白になっていたのです。

他のメニューは問題なく稼働しているので、気づくのが遅れました。
真っ青になりながらデバッグモードにすると、大量のエラーログが。
「load_plugin_textdomain was called with an argument that is deprecated since version 2.7.0 with no alternative available……」と、ちょっとよく分からないことを言われました。
とりあえず、エラーの根源として名前を挙げられていた「Advanced Category Excluder」と「WP-DB-Backup」プラグインを、涙を飲んで削除。

それでもエラーのままでしたが、行数はかなり減り

エラー

「has_cap がバージョン 2.0.0 から非推奨になった引数付きで呼び出されました。ユーザーレベルの使用は推奨されていません。代わりに権限を使ってください」と仰せです。
例の如くGoogle先生のお力をお借りしたところ、プラグインの問題だという答えが出ました。
しかしエラーメッセージの中にプラグインらしき名前はありません。

仕方ないので、一旦全てのプラグインを無効にしてみると、カスタマイザーは正常に作動しました。
いよいよ犯人はプラグインか、と1つずつちまちまと無効化にして、犯人発見。
今回の場合は「CKEditor」でした。

昔から重宝していたプラグインだったので寂しさはあるものの、Wordpressの最近のバージョンでは、ビジュアルエディタのメニューも豊富なので、いっそ切ってしまっていいかな、と判断しました。

出来ることなら、次回はどのプラグインのどの部分にエラーが出て、どう修正すれば正常に作動するようになるのか、全部自力で紐解けるようになりたいものです。
講習やパソコンスクールに○十万円は注ぎ込むことになりそうですが。

とりあえず「phpとjsは使いこなせます」と胸を張って言ってみたいです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

wordpress4.8がリリースされたらしい

今度は何かな?と思いながらフタを開けてみたら、ほとんどがウィジェット関係でした。
しかもウィジェットの配置はともかく、内容の編集は、カスタマイズでしかできなくなったようです。
カスタマイズ推しのwordpressと、1度覚えた操作を脳みその中で訂正するという処理が難しいおばさんは、これからも平行線を辿るらしいのですが、もし能登の勘違いだったらご一報ください。
少し切実かもしれません。
カスタマイズの画面を出すのが少し面倒なので。

ウィジェット管理画面

外観→ウィジェットの「利用できるウィジェット」に、ひっそりと増えていた

動画・画像・音声

これ。

画像や動画・音声の入力が、今までよりかなり楽になったようです。
動画はyoutube以外を入れるのは少し難しい印象があったりしたので、うれしいお知らせです。

カスタマイズで画像編集

画像の部分をアップすると

画像を追加

この「画像を追加」ボタンを押すとメディアが表示され、ドラッグ&ドロップで画像をアップロードできるようになりました。
これまでは、バナーの入れ替えをするのにも、コードが分かる人でないとできませんでした。
なので、ウィジェット機能をお客様にはなかなかお勧めできなかったのですが、これで楽になりました。

それ以前に、管理画面で迷子になりそうな気もしますが……。
私もなります。

それと、これまでのウィジェットにも大きな変化がありました。

テキスト

毎度おなじみの、コード必須のウィジェットですが

カスタマイズでテキスト編集

なんと、テキストウィジェットにビジュアルモード登場。
こちらの更新も、お客様にしていただけるようになりました。

やはりカスタマイズにはまだ慣れないのですが、今回はうれしい更新内容ばかりでした。
これでwordpressと私の距離も、少し縮まった気がします。

イベント・セミナー情報

近隣の WordPress のイベント
WordPress には、世界400以上の都市で定期的にイベントを行っている活発なオフラインコミュニティがあるのをご存知でしたか ? WordPress スキルを向上し、知り合いを増やし、そしてもちろんコンテンツの作成をし続けるのを助けるイベントに対して、皆さんに関心を持ってもらえるようにしました。
この機能はすでに私たちのお気に入りになりつつあります。更新を行ったり投稿を書いたりする時にダッシュボードにいる間、今後近くで開催予定の WordCamp や勉強会が表示されます。
コミュニティに参加することで、WordPress スキルを高めたり、普段は出会わない人たちとのネットワークを広めたりできます。これからはダッシュボードにログインして新しい「イベントとニュース」ウィジェットを見るだけで地域のイベントを見つけられるようになりました。

イベントとニュース

距離、割と遠かったです。
物理的にも。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

ある日突然wordpressで固定ページのほとんどが真っ白になった

wordpressを使用したとあるサイトなのですが、これまでは正常に表示されていたのに、ある日突然固定ページのほとんどが真っ白になっていました。
普通に考えるとPHPエラーを疑うところですが、「ほとんど」というのが問題で、「全部」ではないのです。
一部のページは無事に表示されるのですが、テンプレートは同じ。
さては何か変なプログラムでも仕込まれたか?(過去に実際にありました)と疑ったものの、プラグインにもテーマフォルダにもそんな気配はありません。

訳が分からないよ!と思いながらとりあえず真っ白になったページのテキストエディタに入力してあるタグを削っては表示して……とテストを繰り返すと、とある法則がありました。
テキストエディタ内でdivタグを使う もしくは javascriptで何かを読み込まなければ、正常に表示されたのです。
これは、結構話が簡単…………………………………………

なはずもなく、cssを利用しまくっているので、divタグは必須です。
divをpに差し替える、という単純な解決法を試みもしたのですが、途中でタグに矛盾が出てくるようになり、敢えなく断念。
そもそもdivタグが駄目なんて、これ、エラーだよね?と原因究明するため、今度は表示されているページとのソースを比較しました。

その結果、真っ白のページのソースは、head部分の
謎のコード
ここより先がありませんでした。

しかし、この謎のjsファイルは?
まさか、本当に改ざん?

アラフォーおばさんの肉にまみれた巨体に戦慄が走ったのですが、stats.me=jetpackらしいですね。
身に覚えはたっぷりあります。
どうでもいいですが、1度でいいから「瑞々しさの中に色香が漂う熟れた肢体」と表現されてみたいです。痩せろ、って話ですね。

ダイエット

あくまでもイメージです。
でも「ダイエット」というキーワードで検索して出てきた画像がパスタにカップルって何なの絶対に許さない。

かなり本題から逸れましたが、表示されているページでは、コードの下にjetpackのOGPタグがありました。
原因こそ分かりませんが、とりあえずjetpackに何らかの異常があるのは間違いないです。

なので、いっそ消します。邪魔ですし。

add_filter( 'jetpack_enable_open_graph', '__return_false' );

これで無事解決しました。

しかしやはり原因は分からず、少し気持ち悪いです。
4.7.2にアップデートした影響か、もしくは「SiteGuard WP Plugin」というプラグインを入れたからなのか。
今のところプラグインが怪しいのですが、それにしても不思議なエラーです。

Buddypressのユーザーやグループなどの個別ページのテンプレート

「BuddyPress」という、wordpressでSNSが作れちゃうプラグインを使用する機会がありました。
しかし、これ、難しいですね。
タイムライン(アクティビティ)みたいな機能もあって便利な分、カスタマイズに苦労します。
しかもGoogle先生にお伺いを立てても情報は少なく、フォーラムは全て英語、という難解さ。

他力本願が心情の私も、やはりつまずきました。
あちこちでつまずいてばかりだったのですが、やはり最大は「プロフィールなどのメニューから各ユーザーの個別ページに飛ぶと、せっかくSNS用に作ったテンプレートが無効になってしまう」という点でした。

最初はプラグインの中のphpファイルに従ってindex.phpのデフォルトテンプレートを使うようになっていうのかな、と思ってたんです。
しかし、どのページはどのテンプレートで作られているかというのが一目で分かるプラグイン「Show Current Template」で見てみたら、どうやら使用されているのは、固定ページ用のpage.phpのようでした。

そこから、functions.phpでスラッグでテンプレートを分けるように指定しても駄目、bp-custom.phpのフィルターフックで何とかならないか試してみても駄目。
頭を抱えて2日経過した頃

BuddyPressのフォーラムの記事

フォーラムの日本語訳

SNS用のテンプレートファイル名をbuddypress.phpにしたら、無事解決しました。

私の2日間は何だったんだろう。

そもそも「英語だから」とフォーラムを真剣に探さなかった私の自業自得ではあるのですが。
やはり定期的に英語に触れる機会は必要ですね。
あと、苦手だけど必要なものを苦手だからと何も考えずに避け続けると、とんでもない回り道をすることになる、と悟りました。

Time is money.(この程度なら理解可能)

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

時計

wordpressのエディタのボタンが反応しない時

最近またしてもアップデートしたwordpressですが、4.5.2にした途端、エディタの動作がおかしくなりました。
ビジュアルエディタから、テキストエディタタブを押しても移動できません。
その上「メディアを追加」ボタンを押しても無反応です。

こういう時に真っ先に疑うべきは、プラグインです。
今や世界的なCMSとなったwordpressのプラグインは多数ありますが、全てがwordpressのアップデートに対応している訳ではありません。
バグが見つかったら速やかに修正してくれるプラグインがほとんどなのですが。

しかし、今回、原因となったプラグインは、Headspace2でした。

結構重宝してた

「All in one SEO Pack」の機能は全て網羅し、ソースコードも綺麗だからと人気のプラグインだったのですが……

最終更新日には要注意

必須:wordpress 3.0 以上
互換:wordpress 3.4.2 まで
最終更新日:3年前

繰り返し申し上げますが、現在のwordpressの最新バージョンは4.5.2です。

いくら優れたプラグインとはいえ、wordpressに対応できなければ使えません。
今後プラグインを導入する時はもちろん、定期的にメンテナンスする際にも、プラグインの対応バージョンと最終更新日には気をつけたいものです。

いくら最新情報でも

この情報はいらない

こんな情報はいらないのですが。

敢えて年齢を表示しないとか、気を利かせて10くらい若返らせるとかいう機能はないのか、Appleは!
そう思ってSiriに「今日私誕生日なんだけど、私何歳だと思う?」と聞いてみたら
「『私何歳だと思う?』をwebで検索してみました」と検索結果を提示されました。

塩対応にも程がある……と、誰もいない事務所で1人肩を落とすことしかできませんでした。
確かに今日は、私の誕生日なのですが。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

1 2 3 4 12
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ