web作成

ファーストビューの理想形

「高齢者はパソコンなんか使えんのや〜」と、あちこちで聞こえてきたのは、既に一昔前。
今や高齢者向パソコン教室なるものまで存在し、あちこちでIT社会に溶け込もうと努力を惜しまない方が増えています。
パソコン機器(ブラウザでもネットサーフィンでもなく)は音痴レベル、webデザインは提出した相手に苦笑される、友情・努力・勝利とは真逆の方面へと突き進む能登は、ひたすら尊敬します。

そんなシニア層の、サイトの利用のし方がまとめられていました。
もちろん一例に過ぎないかとは思いますが、全体的にこういう傾向なんだろうな、とは思います。

実例で納得!シニアが使えないサイトの例(マミオン有限会社様 より)

・スクロールしない
・ボタン以外はクリックしない
・難しい言葉があるとクリックは避ける

ウィルスやSPAMサイトが横行した結果だとは思いますが、ここはwebデザイナーさんの腕の見せ所なのですよね。
ファーストビューでいかに理解しやすくするか、限られたスペース内に情報を詰め込むか。
いっそファーストビューはメイン画像+メニューのみにしぼりたい気もしますが、取扱業種が多い場合はそうもいきません。

ポートフォリオサイトのようなもの

こんな感じのサイト、作りたいんですけどね。
ちなみに10分で作ったので、もちろんデザインは度外視です。
度外視なんです。
これが能登の実力なんて、そんなこと………

社長の苦笑が聞こえてくる気がします。

日本人の真面目な気質を表しているのか、特に製品情報はあれもこれもと情報を詰め込みがちなのですが。
ユーザーの目に優しい、迷子にならないような、シンプルな設計を心がけていきたいものです。

ちなみに画像作成中、社員さんから「……遺影?」と聞かれました。
私じゃないですよ、社長。S藤さんだぞ!(伏せてない)

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

劔神社様webサイトリニューアルしました

とのことなので、社長をたまには見習って、ご紹介したいと思います。

とは言っても、ハートブレーンの営業もデザインもトークも看板もネタも全て小川社長が担っているので、能登にはあまり出番がありません。
しかし以前にお電話で一瞬だけお話させていただいたのですが、電話越しにも関わらず、品のない能登から見ても、ものすごく品の感じられる方でした。

県内外でとても有名な神社ですので、改めてご紹介するまでもないかもしれませんが、能登も何度か足を運びました。
霊験あらたかな場所は雰囲気から何か違うものですが、特別感が格別に高かった記憶があります。

サイトデザインは、そんな荘厳さと柔らかさを内包させた作りになっている…………と思います。
また、神事や四季折々の風景写真で、雰囲気だけでなく和の美しさを味わっていただけるようにこだわった…………はずです。

全て能登の思い込みです。
詳細はデザイナー兼フォトグラファーの小川先生までお問合せください。
「天から絵柄が浮かんできました」とか不穏なことを申しておりますが、言葉はまだ通じるはずです。

しかし風景の美しさがかなり強調されているのは間違いないです。
サイトや写真を眺めていたら、私も久しぶりに足を運びたくなりました。
参拝に限らず、これからの季節は森林浴やパワースポットにもお勧めしたいです。

webサイトはこちらから

劔神社様webサイト

劔神社様webサイト

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ