何となく考えてみたこと

2017年の祝祭日

来年のカレンダーを確認する機会があったのですが……。
土・日・祝日がお休みという、恐らく世間で最も多いサラリーマンの方々に、悲しいお知らせがあります。

2017年カレンダー

2月11日(憲法記念日)
4月29日(みどりの日)
9月23日(秋分の日)
12月23日(天皇陛下誕生日)

いずれも土曜日です。

しかも2月11日は第2週、9月23日と12月23日は第4週という、第2・第4土曜日の隔週2日という、私が福井で1番よく見かけた(10年以上前の話ですが)タイプの企業にとっては、最も絶望的なタイミングかと思われます。
日曜日が祝日の場合は月曜日が振替休日になりますが、土曜日だと何もないですからね。

代わりに、カレンダーから予想できるGWの日数は、5月3日〜7日の5日間。(6日だけ出勤、という勤勉な会社は除きます)
お盆は8月11日〜16日の6日間。(12日もしくは14日は出勤にします、という会社もありそうな予感です。ハートブレーンのことですが)
勤務を途切れ途切れにせず、大型連休にごっそり休もうよ!ということでしょうか。

「悲しくなんかない。休みだらけだと仕事が滞るし、ここは外国とは事情も違うんだから、休日が多ければ良いという訳でもないだろう。むしろ最近の風潮がおかしい」という方。
私もそんな真面目な生き方をしてみたいです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

過剰サービスを減らすのは恐らく少しの思いやり

最近、このような話題が増えているように思います。

日本の過剰労働は、「お客様」の暴走が原因だ(東洋経済ONLINE より)

店舗

良い傾向ではないでしょうか。
コンビニに行っても美容室や洋服屋に行っても「え?ここまでするの?」と戸惑うことが多いです。
リピーター獲得の一貫だとは思うのですが、何事も便利になりすぎて贅沢になり、その結果大げさで奇抜なサービスを求められてしまう世の中には、私も疑問を感じることがあります。

何せそのサービスの裏にあるのは、ストレスフルな職場環境にサービス残業。
人材の使い捨てが当たり前であるブラック企業も、減ったという話を聞きません。
そして更に不幸なことに、このサービスに味を占めるばかりか、もっともっと、と要求する人も多いという現状があります。

「納期は命より重い」との合言葉で炎上した鉄鋼会社。
しまむらやコンビニで土下座を強要してそれをSNSにアップする、善悪の判断も罪悪感も失ったモンスター顧客。
それでも逆らえない背景には、不景気を象徴する魔法の呪文があるのです。
「お前の代わりなんかいくらでもいる」
わざわざ選んで金を出してやっているんだ、と言われてしまえば、立場の弱い社員には為す術がありません。

ただ、過剰サービスの話題で必ず上がる、24時間営業。
しかし、夜勤の人にとって、24時間開いているお店は必要だと思うのです。
夜勤をしなければならない、警察や消防、看護師や介護士、工事現場作業員など。夜勤がなければ成立しない職種は数多いです。
人が寝ている時間帯に苦労をして働いている人にも、サービスを受けるべき時はあります。

問題は、サービスを受ける側の意識です。
本来なら、労働者と消費者は対等であるべきなのです。
その構図が崩れてしまうのは、恐らく「お前の代わりなんかいくらでもいる」という魔法の呪文が発生してしまう、中年になればなるほど厳しくなっていく転職問題。
そして「義理で買ってあげたのよ」という声を生み出す、会社から与えられた過酷なノルマです。

人がいなければ、サービスは成立しません。
そして人にはそれぞれ感情があります。
お金を支払っているという意識ももちろん大切ですが、「一緒に会社を支えてくれている」と尊重する気持ちも、「サービスしてもらっている」という感謝も、常に持ち続けていたいものです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

パフェの由来と種類の違いに驚いた

今日はパフェの日だそうです。

パフェ

と聞くと、今日はパフェを食べるべきだ……!とつい言い訳をしながらカフェに行っちゃいそうになるのですが。
この場合のパフェとは、略称なのだそうです。

1950(昭和25)年のこの日、巨人の藤本英雄投手が日本プロ野球史上初のパーフェクトゲーム(完全試合)を達成したことに因み、「パフェ(parfait)」がフランス語で「完全な(パーフェクト)」という意味であることから。
今日は何の日? より

しかし全くの無関係という訳でもなく、パフェの由来は「パーフェクト」だそうです。

フランス語で「完全な」という意味の parfaitから、「完全な(デザート)」という意味だと言われる。「パフェ」は英語の発音(「パーフェイ」に近い)から。
Wikipedia より

アイスクリームとフルーツを主体として、生クリームやチョコソースやナッツ類などを加えた、パーフェクトなデザート。
さすがスイーツの本場フランス人の発想です。

パフェの定義を知ると同時に、これまでの疑問も解消されました。
ずっと

パフェ

パフェ

サンデー

サンデー

アイスクリーム

アイスクリーム

だと思い、これら全部を「パフェ」と呼ぶことに対して抵抗を感じていたのですが、この定義なら納得できます。
フルーツ乗ってますもんね。
クリーム乗ってますもんね。

パフェ

パフェ

サンデー

パフェ

アイスクリーム

パフェ

で正しかったようです。

そもそもサンデーの定義が「パフェよりも質素なデザート」だそうなので、境界線が曖昧です。
提供された側が「パフェだ!」と思っても店が「サンデーです」と言えばサンデー、提供された側が「サンデーか」と思っても店が「パフェです」と言えばパフェ。
ちなみに前者のケースが本当に存在しましたが、最近ではサンデー自体をあまり見かけなくなったので、そんな男気のあるカフェに出会えないのはちょっと惜しい気がします。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

発想力を鍛えるための悪あがき〜職場で瞑想〜

中学生の頃から文章を書くのが好きだった私ですが、最近は何を書くにしてもまずネタでつまづいている気がします。
学生時代は突飛もないネタが次から次から浮かんできて、「文章力はないけど勢いはあるよね」という、誉め言葉のつもりなんだろうけど多分泣いても許される毒をいただいたことがあるのですが。
仕事(社長いじりとか社長虐めとか)に追われ、日々の生活(親にも子にも配偶者にも茶々を入れるのに忙しい)に追われ、視野が狭くなっているのでしょうか。

発想力を鍛えるには、やはり視野の広さや好奇心が重要なのです。
ストレスを抱えた脳みそに、楽しいとか面白いと人に良い印象を与えるための発想が浮かぶはずもありません。

そこで色々調べた結果、面白そうなので実践してみたのが

雲の隙間から差し込む光

瞑想です。

瞑想というと、どうしても一休さんを思い出すのですが、あんなにガッツリとはしません。
職場で簡単にできるお手軽瞑想です。

うちの職場ではラジオがかかっているので、イヤホンを用意して、Youtubeで瞑想用の音楽を探します。
そして目を閉じ、腹式呼吸を意識します。
頭の中では「こうなりたい」と思う自分をひたすらイメージします。

4分にも満たない瞑想でしたが、かなりリラックスできました。
これをできれば毎日続けて、まずは知らない間に凝り固まっていた思考回路を解していきたいです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

どうせ滑るネタなら全力で滑って散るのが華

最近「滑ってるなぁ」と自覚させられる機会が多いです。
いや、正直なところ、滑ってる自覚はあったにはあったものの、目を背けてきていました。
でもここで敢えて告白します。
私のネタは色々と滑っています。

その証拠が、ほとんど反応のないSNSだったり、1人も参加者がいなかったセミナーだったりするのですが。
ちなみにハートブレーンのSNSは、他の人にバトンを渡して以降、順調に運営されているようです。

同じ「滑る」にしても、実は2種類あります。
「つまんねぇよ(笑)」と、つまらないことを笑ってもらえる、愛される滑り。
ドランクドラゴンの鈴木さんが代表格でしょうか。大好きな芸人さんです。
一方、愛されない滑りは、永久氷壁のような運命が待っています。
全く反応がない、下手すると発信にすら気づいてもらえていない……ただ単に興味を持たれていないのです。

その差の原因は、調べてみて一番納得の行く答えがこれでした。

遊び心です。

いくらつまらなくても、センスがなくても、楽しそうにやっていれば、それだけで印象は良くなるものです。
全力でつまらないことをすれば、万人受けはしないけれど、何らかの形で誰かの心には残ります。

そう思ったのは、昨夜自分がSNSにアップした画像がきっかけでした。
元々家庭科の成績に恵まれない私が、数日前のオムライスについて追及したとある番組に触発され、「今度こそ作れるだろう……!」と意味不明の自信と希望に彩られながら全力で作ったオムライス

オムライス

主婦の方々からはオムライスについてのアドバイスが、男性陣からは無言の「いいね!」が送られました。
最早社長と子供にしか期待されていないと思われた私のSNSですが、全力で滑ると人の温もりって伝わってくるのですね。

最近自信を喪失していたのですが、今後も会社と社長を巻き込んで、このブログで華麗に滑ってみせます。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

1 2 3 4 14
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ