Facebookのこと

Facebookのアカウントが乗っ取られた時の最低限の対策

しばらく忙しさに追われている間に、北陸新幹線が南回りルートに決定し、社長が金沢に出張し、福井工大福井が再試合の末敗退し、社長が何故かARに興味を持ち、だいすけお兄さんが卒業していました。
だいすけお兄さん、再就職先はハートブレーンの新社長でいかがですか?

黒子

ところで、最近Facebookでたまにこのような投稿を見かけます。

某ブランド超値下げ

皆様のタイムライン、ではなくて個人宛というのが心憎いです。
しかも女性からだと、デートのお誘いだと勘違いしてしまう人も出てきそうです。

ヴィ◯ンが20万円引……のはずがなく。
もちろんこれ、スパムです。
しかもアカウント乗っ取りです。

能登にもこのような招待メールが(しかもイケメンから)送られてきました。
で、「乗っ取りかな?ウィルスかな?URL調査してみようかな」と浅はかな探究心をもって、アップデートしたばかりの慣れないOSでマウス操作をし……
誤って、左クリックしてしまいました。

このような間抜けな悲劇が他にないとも限りません。(なかなかないでしょうが)
その時に、Facebookのアカウントのパスワード変更と2段階認証に変更した上で取った対策を紹介します。

ログイン場所と信頼できる連絡先
設定→セキュリティ→ログイン場所・信頼できる連絡先
まずは「ログイン場所」からです。

ログイン場所
このアカウントにログインした端末と場所が記録されています。
確認すると、下の方に、全く身に覚えのない場所が!
福井の片田舎の住人が愛知県で認識している市町村は、名古屋市と豊田市と一宮市だけです。地理の勉強も足りていないことは否定しません。
発見したら、早々に右の「終了」をクリックしてください。

信頼できる連絡先
そしてこの「信頼できる連絡先ですが、facebookではSNSで人間関係を構築させる方針があからさまです。
しばらくログインしていないだけで「友達が待ってるよ」(いません)とメールを送ってきたり「◯◯さんが久しぶりにタイムラインに投稿しました」(実に3日ぶりくらいの人)と通知を送ってきたりと、一昔前のお見合いおばさん並みのしぶとさです。
ですが、この「信頼できる連絡先」を、乗っ取りの際に勝手に設定することがあるそうです。
そして勝手にパスワード変更を……恐ろしいですね。
他にも、乗っ取り被害を拡大するのにも役に立ちそうですので、ここは一切設定をしない方が良いと思います。

もちろん今紹介したのは、必要最低限だと思われる対策のみです。
能登は常々コーディングについてもその他web関係業務についても永遠の初心者だと自負していますが、セキュリティに関しては素人の中でも選り抜きのゴミだという自覚があります。
最近ではこういった方々がSNSのセキュリティに関するセミナーを行っているそうです。
是非とも参加されて、よろしければ「会社サボって参加する方が100倍楽だから平日昼の開催よろしく!」と喚いていただけると幸いです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

Facebookのいいねボタンがついにリニューアル

前から話題になってはいましたが、とうとうこの日がやってきました。

Facebookのいいねボタン、増加。

てっきり「よくないね」ボタンでも追加されるのかと思っていたのですが、まさかの6種類。
記事の下の「いいね!」にカーソルを当てると、ボタンが選択できるようになります。

こんなに増えるとは思わなかった

呼び方も「いいねボタン」から「共感ボタン」に変わるようです。
左から「いいね」「超いいね」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」
バリエーション豊かです。

面白そうなので、早速使ってみました。

最近ネタにしづらい

清らかな気持ちになったらしいこの内容に、誰もが「いいね」と共感するはずの記事。
私は心の底からうけてみたのですが、どの人がどんな反応をしたのかは分かる仕組みになっているのでしょうか。
こんな不謹慎な反応をした犯人が分からず「はあ!?誰だ!」ってなってたら面白いのに。

こっそり酷い反応することができない

しっかり晒されるようです。

スマートフォン用のFacebookアプリでは、まだ対応していないようですね。
PCでは下からピョンと現れるこのボックスが、スマートフォンではどんな登場のし方になるのか、今から楽しみです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

Facebookの知り合いリストの意味

実は、ある時を境に、私のタイムラインに社長の 面白 投稿が一切表示されなくなりました。
それどころか、「会社関係」リストに分けてあるにも関わらず、そこにも表示されませんでした。

さては社長、私にブログネタを提供したくなくて、制限リストにでも入れたな……?
いいや、社長の留守中に勝手に制限リスト解除しておこうっと。
と思っていたのですが、表示されていない友達は、社長だけではありませんでした。
Facebookの設定した 余計な 優先順位でも、上位に表示されなければおかしい、そんな位置付けのリアル知り合いばかりです。

原因はこれでした。

知り合い=友人ではない

SNSが普及した今、繋がっているのはリアル友人だけ……そんな人は少ないのではないでしょうか。
共通の趣味を持った仲間、別の場所で交流した覚えのある知人、分かりやすく言えばネトゲ友達。
顔は見たことないけど友達だよ、という話は、今では珍しいことではありません。
そんな、リアル友人とネット知人が入り混じっている場合、リアル友人の動向のみを抜き出したくなる時ってありませんか?
実際に顔を合わせた時に、1人だけ話についていけない事態も起こりそうですし。

そういう時のための「知り合い」リスト。
そう思って利用したのが、そもそもの間違いでした。

真実は、ここにありました。

答えは割と近くにあった

知り合いリストは頻繁に連絡を取り合わなくてもいい友達のリストです。知り合いリストのメンバーからの投稿は、ニュースフィードにほとんど表示されなくなります。

私、大切な友人ついでに社長相手に、制限かけていました。

この「知り合いリスト」ですが、詳しくはこちらという文字をクリックすると、「ニュースフィード記事を時折チェックしたい友達です」という説明文になっています。
物は言いようですね。

先ほど「SNSが普及した今、繋がっているのはリアル友人だけ……そんな人は少ないのではないでしょうか」などと申し上げましたが、実はN自身がその数少ない1人です。
ネット上の付き合いってなんか怖い……そんな用心深い理由ではなく、単にコミュニケーション下手なので新規開拓できないだけです。
そもそも30人前後しかいない友達をリスト化しようとリア充ぶって、見事引っかかりました。

どんなツールでも、身の丈に合った使い方をするのが大切、ということですね。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

FacebookのLikeboxがPage Pluginになるらしい

Likeboxを設置しようとして、いつものページに行ったら、このような表示がありました。

URLを間違えたかと思った

泣けることに、公式から提供されている言語は英語と中国語のみで、何故かGoogle Chromeの翻訳機能も反応しなかったので、自力で何とかしてみました。

グラフAPI v2.3のリリースによって、同様なボックスプラグインが抗議されて、6月23日2015に働くのをやめる。代わりに、新しいページプラグインを使いなさい。ページプラグインは、あなたがページから内容の簡単な給送装置をあなたのウェブサイトに埋め込むことを可能にする。

同様なボックスは、Facebookページだけでデザインされた同様なボタンの特別なバージョンである。それは、adminsがそれらのページを促進し、ページからコンテンツの簡単な給送装置を他のサイトに埋め込むことを可能にする。

エキサイト翻訳 より

私、人のふんどしを借りるのが大好きです。

しかし、この翻訳では多少分かり難いので、単純な脳みそで単純に解釈してみると
Facebookで使っているAPIっていう仕様が新しくなったから、Likeboxが使えなくなるよ。代わりにPage Pluginって機能を用意したから、そっちを使ってね。簡単なフィードをwebサイトに埋め込めるよ。
ということです。合ってますよね?

画像の2行目 Page Plugin という文字から、設定画面に行けます。
その先はLikeboxと同じです。

違う部分は、ページのヘッダー画像を表示するかどうかを設定できるようになったのと、サイトに貼り付ける方法を選べなくなったことくらいでしょうか。

iframeを使っていたので工程が少し増えた

wordpressの管理画面からも問題なく貼り付けできます。
外観 → ウィジェット で、「テキスト」を選んで貼り付ければOKです。

このタイトルがウィジェット編集画面で表示されなくなったのが不満

iframeばかり使っていたので、作業工程が1つ増えました。
ヘッダーを自分でカスタマイズできないシステム(ブログとか)を使っている場合、完全にアウトです。
jimdoのテンプレートを使っている人は大問題になりそうですが、その辺りは対処してくれると思います。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

Facebookページの投稿記事がニュースフィードに表示されない

バレンタインも終わり、社長自ら「会社に招待した」と言っていた来客が、いつ来るか聞いても、話題にすることすらためらいながらニヤニヤする理由について模索している中、新規Facebookページを立ち上げました。
そろそろ存在だけでもお知らせしておこうと思います。

ヒヨリフォト

せっせと作ったページに、早速投稿したのですが、個人のニュースフィードに何故か表示されません。
何故だ?と思ったのですが、無理もない話です。

Facebookでは、友達やフォローしたページ全ての最新の投稿が表示される訳ではありません。
またしてもFacebookルールのご登場なのですが、Facebookにはエッジランクという 余計なお世話 アプリなどの容量を軽くしつつユーザーが求めている情報と近いと思われるものをピックアップする機能があるようです。
このランクを元に、表示される投稿が選別されます。

エッジランクの基準は

Facebookを活用するなら必須の知識、『エッジランク』の仕組み(NAVERまとめより)

こちらに詳しく掲載されています。
簡単にまとめると

【親密度】×【重み】×【経過時間】を掛け算した値。
【親密度】いいね、コメント、シェア、タグ付け、メッセージのやり取り、プロフィールページの閲覧の割合
【重み】いいねやコメントなどの反応が集まった数、重さの順はシェア>コメント>いいね、投稿内容はテキストのみよりも写真や動画を付けた方が重みが高くなる
【経過時間】記事が投稿されてから経過した時間と、記事に最新のリアクション(いいねやコメントなど)が付いてから経過した時間

相変わらずぼっちに厳しいSNSだな……!

コメントどころかいいねすらもらえない投稿が多い私にケンカを売っているとしか思えません。

それってニュースフィードの表示設定を「ハイライト」にした時だけだよね?「最新情報」にすれば問題ないよね?
そう思っていた時期が、私にもありました。

多機能すぎて使いづらくなってきているかも

しかし実はこのランク、最新情報にも適用されるのです。

なので、特に新規で企業のFacebookページを立ち上げる場合、作っただけで何の宣伝活動もしないでおくと、著しく不利になります。
作りっ放しにせず、もらえたコメントには必ずレスを返し、常に反応がもらえるような良質な内容を提供していきましょう。

って、どこかで聞いた内容のような気がする。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

1 2 3 4 5
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ