Nのどうでもいい日々

雛人形は1人に1つなのか一家に1つなのか

今日はひな祭りですね。
能登のおうちにも5歳になる女の子がいるので、雛人形が床の間を陣取っています。

そういえば、雛人形は一家に1つ…ではなく、1人に1つ、という話を聞いたことがあります。
雛人形は女の子の厄を引き受けてくれる形代だとかで、1人に1つじゃないと意味がない、と。
しかも人形屋さんのFacebookの記事には、「おばあちゃんからお孫さんの代までの雛人形を並べて飾っておくのも味があると思いますよ」と……。

雛人形が並ぶ前に、我が家の財布に厄が降りかかってくる気しかしません。

しかし最近は、幼い子が亡くなる確率が減ったとかで、形代というよりは縁起物と考えられている傾向だそうです。
だから一家に1つが一般的になってきているから安心していいよ、と言われてホッとしました。

そんな貧乏人の能登とは少し違って、皆さんが心配しているのはスペースのようですね。
確かに7段飾りを女の子の人数分並べるのは無茶です……。
それが考慮されたのかどうかは分かりませんが、最近店頭に並んでいる雛人形は親王飾りが多いですね。
夫婦水入らずで良いのではないでしょうか。

しかしできれば、おばあちゃんになった頃には、孫娘の人数分の雛人形を用意できるようなセレブになっていたい、という夢はあります。
夢だけですが。

雛人形

数年前におじいちゃんになった社長は、もちろんかわいい孫娘に雛人形を用意してあげたと信じています。
今日は新しい女性社員の名前を本気で間違えていて、しかも出てきた名前は最近お気に入りの女の子らしい雰囲気を見せていたという、女性に惜しみない愛を注ぐ社長なので、きっと気前良くこちらのサイトからピックアップしたことでしょう。

このブログは、社長に「ブログの更新を止めてくれ」と本気で言われてしまう(恐らく)日本有数の企業ブログだという自負がありますが、きっとこういう部分が問題なんでしょうね。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

映画館=ポップコーンとなる理由を探ってみた結果

新年あけましておめでとうございます。
2017年の始まりです。
昨年皆様からいただいたご好意を糧として、昨年得た技術や経験から更に1歩先へと進める1年にしたいと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。

新年から『君の名は』を観に行く代表取締役(58歳)ではありますが。

そのフットワークの軽さは、個人的に見習いたいです。
『君の名は』も『金メダル男』も『デスノート』も、気になっていた映画を結局1つも観れませんでした。
そんな自分を戒めるべく、友人をナンパして『相棒』は観に行くことが決定しています。
映画に限らず、興味のある事には何でも挑戦していきたいです。

ところで、映画といえばポップコーン、というのが定着しているのですが、あれって何故なのでしょうね。
ポテトチップスに比べると咀嚼する時の音が小さくて映画のお供としてふさわしいからかな?と勝手に思い込んでいたポテトチップス党なのですが、調べてみたら、色々と説がありすぎて、何が本当なのか分からなくなりました。
とりあえず共通しているのは
・アメリカ発の風習であること
・映画館側の利益の問題
という2点でした。
実際は、全ての理由がマッチングしたからなのだと思います。
「アメリカでブームになったポップコーンが映画館の外の露店で売られるようになり、当初は反対していた映画館も得られるであろう利益を考えるとポップコーン販売に踏み切らざるを得なくなり、また映画の影響でポップコーンを見ながらの映画鑑賞が人気になったのもあって、映画=ポップコーンが定着し、その流れが日本にも来た」という。

そういえば、かの有名なTDLのポップコーンキャラメル味を、まだ1度も食べたことがありません。
TDL自体、人生で2度しか行ったことがなく、しかも内1回は修学旅行だったのですが。
ポップコーンは塩もしくはバター派なので、何となくキャラメル味を避けてしまうのですが、今度は食べてみようと思います。

ということなので、社長。
今年は多めに休暇と、社員旅行はTDLでお願いします。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

ポップコーン

ストレスチェックで丸裸にされた

つい先日開催されていた「北陸技術交流テクノフェア2016」に、ハートブレーンも参加しておりました。
先日開発終了した、社長のスケジュール管理とGPS機能による位置管理を兼ねたwebアプリケーションの発表……

などではもちろんなく、「小川社長がすっかり和紙の人に……」「しばらく顔見てない」と大好評をいただいている、越前和紙フォトフレーム「和紙ック」です。
むしろアプリ開発できるだけの知識も技術も欲しいです。
wordpressのPHPすら解読できない能登のささやかな夢です。
和紙ックといえば、和紙ックのブログも最近動きがありません。
個人的にあのブログのファンなので、誰かブログ担当の小林さんの尻を叩いてください。

こちらから

テクノフェアは既に終了したのですが、能登個人に大きな収穫がありました。
ブースでの接客を社長と交代したフリをして、ITブースをウロウロとしていたのですが、そこで

ストレス診断

体に微弱な電流を流すことにより、血行や内臓の状態を分析して心身の疲れ具合を測定する、という画期的なシステムです。
いや、これまでにもあったのかもしれませんが、少なくとも浦島太郎の能登にとっては画期的です。

もちろんワクワクしながら測定しました。
何故かというと、最近睡眠不足だし、節々痛いし、疲れやすいし、これは休みが少ないせいだ!ギブミー休暇!という企みがあったのです。

その結果

ストレス強度4段階中

1

1が最も強いのかな?と再確認しましたが、紛れもなく最も強いのは4。
いや、さすがに4とかではないだろうけど、3だったら休暇交渉しやすいかな〜とか思っていたら、まさかの1。

健康なのは心底ホッとしましたが。
せっかくの休暇も、寝込んでいるのでは意味ないですからね。
リフレッシュ休暇と称して、堂々と神戸の中華街やらハウステンボスやらディズニーランドやらに行きたいのです。

ストレス強度1という結果の前に、その計画は音を立てて崩れたのですが。

家で実母に報告したら、腹を抱えて笑われました。

しかし笑い話になる結果であるのは、幸せなことです。
本当にストレスが限界値に近ければ、こうして自分をネタにする元気もありませんから。
疲労を隠して虚ろな目をしながら生活するという苦痛に比べたら、喚いている割に大した事ないという能登のクズさが明るみに出たことくらい、どうという事はないのです。

仕事が減りさえしなければ。

荒波にも立ち向かう勇気が必要

社長の位置管理も捨て難いのですが、何かとストレスを抱えやすい世の中なので、ハートブレーンでもストレスチェックの機会があればいいなぁ、と思います。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

Nowカードのクックパッドで紹介されているレシピで実際に作ってみた

AndroidからiPhoneに鞍替えしようが、住所からプロフィールまで全て管理されるというストーキング行為が発覚しようが、ずっとGoogleベッタリの私ですが。
日頃愛用しているGoogle検索アプリのNowカード(的確な情報を適切なタイミングで検索する前に知らせてくれるという、GPSと個人情報をいかに正確に吸い上げているか明示してくる恐怖の機能)に、クックパッドがプラスされていることに気づいたのは、つい最近でした。
調べてみたら、クックパッドがNowカードに登場したのは昨年の話だそうです。
相変わらず浦島太郎です。

その中に、胸がときめくレシピがいくつかありました。
いえ、Nowカードで紹介されているだけあって、どのレシピも朝っぱらから食欲がそそられるものだったのですが。
その一部をご紹介します。

チーズ焼きおにぎり

チーズ焼きおにぎり

<材料>ご飯(おにぎり1個分)・とろけるチーズ・砂糖・しょうゆ・みりん・ごま油(バターでも可)
<作り方>
1.砂糖しょうゆ(小さじ1)とみりん少々を合わせ、ご飯に混ぜておにぎりの形を作る。
2.ごま油(もしくはバター)を薄く引いたアルミホイルの上に寝かせ、とろけるチーズを上に乗せる。
3.トースターで、お好みの焼き具合に焼く。

カステラアイス

カステラアイス

<材料>カステラ・牛乳
<作り方>
1.サランラップの上にカステラを置く。
2.色が変わるくらいまで牛乳をかける。(カステラの下から少し牛乳が染み出す程度がちょうどいいそうです)
3.冷凍庫で冷やす

どちらのレシピもうろ覚えです。

チーズ焼きおにぎりは、これ1つで腹持ちします。
個人的にはバターよりごま油の方が好みかもしれません。

カステラアイスは冷やしすぎたせいか、カステラ氷になってしまいました。
食べようと思う1時間以上前に冷蔵庫に移動させると、適度な固さになりそうです。

材料もそんなに多くなく、時短で作れるレシピだったので、気軽に試すことができました。
普段は流してしまうアプリのホーム画面でも、たまに真剣に見るとこのような発見があるものなのですね。

今度は出勤前に3分で作れる朝食レシピを探してみたいです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

肉にまみれた3日間

お知らせし忘れていたのですが、ハートブレーンは13日〜16日までの4日間、夏季休暇をいただいていました。
まとまったお休みで、スタッフ一同も充電できたのではないかと思います。

休み明けに出勤したスタッフ一同、疲れ切った顔をしていましたが。

スタッフ全員既婚者なので、家庭という鎖に繋がれているのです。
と書くと誤解を招きますが、スタッフ一同家庭円満です、ありがたいことに。
忙しい忙しいと喚きながらも、癒しを見出したり安息の時間を見つけたりして、少なくとも女性陣はちゃっかり楽しんでいた模様です。
社長が何か発狂していましたが、内容は忘れました。

Nに限っては、1番疲労度が大きいのは、恐らく胃袋です。

14日→主人のみが仕事の中、親戚も集まってバーベキュー。Nは牛肉数切れ+ホタテを確保するものの、プリキュアやら仮面ライダーやらに変身した年齢1ケタの男女3人に狙撃される人類の敵になるというお仕事をしていたので、あまり食べられず。
15日→牛肉に未練たっぷりのN、主人を巻き込んで焼肉。
16日→主人の実家にお呼ばれ。バーベキュー。

連日肉をひたすら口に入れていた結果

バーベキュー

現在、このような画像を見ても、食指が湧かなくなっています。

この奇跡のような状態が続けば、さぞかしダイエットが捗りそうなものですが、喉元を過ぎれば熱さを忘れるのがNという人間です。
秋になる頃には、社長に「ランチ交流会ステーキ肉肉肉」とまたいつものように強請りまくっていることでしょう。

肉には栄養素が詰まっていて、人を幸せにするとも言われているらしいので、ある程度の摂取は必要かと思います。
しかし「しばらく肉は見たくない」などと収入に見合わない贅沢発言が飛び出すほどの摂取は、脂肪の他にその後の反動もあったりして危険なので、ご注意ください。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

1 2 3 4 6
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ