リファラースパムの誘導先を調べてみた

Google Analyticsに日々入り込んでくる、リファラースパム。
正確な数値が出ないので、迷惑で迷惑で仕方ないのですが。
今日もフィルタにかける作業をしていたら、早速出てきましたよ。

全部リファラースパム

pokemongooo.ml

さすが流行に強いリファラースパムの仕掛け人さんたち。
早速ポケモンGOに食い付いていました。

いつものようにフィルタ設定して終わり、でも良かったのですが、今日は何だか不思議な気分なので、追及してみました。
そして出た結果が

調査結果

ん?

想像していた、海外の怪しげなサイトとかではなく、amazon。
サイト偽装とかではなく、正真正銘、amazon。
しかもページの商品も、5,000円程度の普通(?)の物。

なんで?と思ったのですが、注目するべきなのは調査結果のURLの後方だそうです。
?tag=◯◯◯◯◯◯◯◯(アフィリエイトID)
たくさんの人をURLに誘導して荒稼ぎをしよう、という魂胆だそうです。
amazonからのお金を違法な方法で受け取る、という……。

amazonアソシエイトは、そんなお金稼ぎの他にも、色々と魅力的な機能があったりするので(ブログで画像付きで商品紹介できたり)、そんな迷惑なユーザーが増えてしまうと困ります。
Googleがリファラースパム対策に踏み切るという話を聞いて1年、何か一掃できるような案が見つかることを祈ります。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

アフィリエイトは程々に

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ