YAMAHAのストレス診断

社会問題しているためか、最近よく見かけるようになってきました。

YAMAHA発ということにびっくりした

ストレス診断(Revストレッチ より)

普通のストレス診断かと思ったら、結構細かい所まで見てくれます。
自分での回答だけではなく、アンケートの調査データとも照らし合わせているようです。

「自分はいい加減な方だと思う」→ はい
「自分の限界を把握していて無理はしないタイプだ」→ はい
「ルールや目標は守る方だ」→ いいえ
「計画性がある方だ」→ いいえ

これだけ適当な人間だと自己紹介しても、気配り疲れでストレス過多とか言われてしまいます。

ブログで社長をネタにしまくり笑い者にされるという窮地に陥れている社員が気配り疲れしているのかどうかという疑問は置いといて、下にストレス解消のためのストレッチが表示されているのが、さすがだと思います。
そもそもRevストレッチって何?と思ったら、ヤマハ音楽とジュビロ磐田のコーチとコラボレーションして考案した、ヤマハによるヤマハのためのオリジナルストレッチだそうです。
ストレスに音楽は確かに効果があります。
しかしストレスが限界値を超えていると、音楽さえ聞きたくなくなるのですが、そういう場合はどうすれば良いのでしょうか。
恐らく体を動かすのが一番なのだと思います。

診断結果でも、ストレスとの向き合い方が下手だとしっかり指摘されています。
返す言葉もありません。
そんな私にお勧めの方法は、やはりストレッチで体を動かすことだと書いてありました。

しかしこれ、発信元が発信元なだけに、まさか全診断でストレッチがお勧めされているのでは……そう思って、とりあえずTwitterで確認してみたら、本当にそうでした。
生ける屍だろうが、アンドロイドだろうが、中二病だろうが、漏れなくストレッチをお勧めされています。
そりゃそうですよね。
とにかくストレッチ!という一貫性は、むしろ男前だと思います。

ハートブレーンの方々は、明日からいきなりNが仕事中に変な動きをし出したら、そういう事だと思ってください。

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ