米ぬか温湿布を作ろう〜地獄のミシン編〜

先日の続き、今回はいよいよミシンです。
回避できませんでした。
何故なら女帝が本当にミシンを持って来たから。

ご丁寧に動画まで撮影していただきました。
笑顔で公開処刑される気持ちを、今だけ理解しました。
いつもすみません、社長。いや、今後もやりますが。

女帝に励まされながらひたすらミシンと格闘を繰り広げて、出来上がったのがこちら。

一応完成品

綺麗でしょう?
綺麗に見えるでしょう?
不器用だとか自分を貶めてはいけない!君に必要なのは自信だ!そう思って下さったイケメンな方々へ。

現実がこちらです。

家庭科2を実証する縫い目

二度縫いするのですが、それぞれの糸がここまで見事に別々の道を歩んだ例は、そうそうないと自負しています。
しかも最初はあちこちヒゲが生えていました。
ミシン?何回止まったことか。ボビンケースが壊れなかったのが奇跡です。
ミシンが止まろうが最初から絡まろうが、切れることなく最後まで丁寧にレクチャーして下さった女帝は間違いなくイケメンです。

その後、カバーを装着しました。

カバー装着後

女帝「口は枕カバーの要領で閉じてくださいね!」

どうすればいいのか

何それ。

中へ折り込んで入れるのだそうです。
いや、最近の枕カバーって、口はファスナーになっているから、分からなかったんですよ。
どんどん生活が便利になっている分、若者は生活の知恵を失っていくのですよね。
仕方ないですよね。

苦しい言い訳というか、ツッコミ所を添削して削ったら何も残らなくなる戯れ言は置いといて。

こちらで完成です。

完成

ミシンで頑丈に閉じたし(女帝のサポートで)。
ぬかも米も零さずに入れたし(女帝のフォローで)。
このブログの半分は他力本願でできていますが、この米ぬか温湿布は9割他力本願です。

Nにも(本当にできているかどうかは怪しいけどとりあえず体裁的に)できる(ということにしておく)米ぬか温湿布、見事完成しました。
肩凝り・腰痛の他にも、腹痛や腱鞘炎や、もちろん体を温めるのにも有効なので、是非ともお試しください。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ