越前手漉き和紙と写真と社長の新たな可能性

今年は長い長いシルバーウィークでしたが、いかがお過ごしでしたか?
次の5連休は2026年、11年後らしいですね。
しかしあちこちで「悲報」とか言われていますが、4連休だったら5年後にも存在しますよ。
それと、長い連休と、2週連続3連休だったらどちらがうれしいかは、その人の価値観によるかもしれませんね。
しかし飛び石がうれしくないのだけは、9割くらいの人が同じだと思います。

ハートブレーンは初日は業務だったので、シルバーウィークなんかいらん!とブラックな発言をなさる代表取締役を横目で見ながらランチを食べておりました。
次の日からは遠慮なくガッツリ休みました。ほら、休む権利を与えられた労働者ですから。

そして、シルバーウィーク最終日。
私はここにいました。

看板は控えめ

写真展ですよ。写真展。
他のお客様の請負とか、ゴーストカメラマンとか、そんなのじゃないんですよ。
社長個人の、社長個人による、社長個人のための写真展ですよ。
数年前、産休が明けて戻ってきたら、何だか別人のように写真のセンスが素晴らしくなっていた社長。
デザイナーで、画家で、更にカメラマンが加わったらしいです。 器用貧乏にならなきゃいいけど

8年突き合わせてきたお顔ですが、さすがに芸術家としての社長を拝むのは初めてです。
しかも場所が、有形文化財に登録されている森田銀行。 少し変な緊張をしながら、中に入りました。

中の様子は

三国の塩味が一番好き

素材の味が生きているジェラートで、ほっぺたが落ちそうでした。
子供たちも大喜びで、一生懸命食べていました。
しかも、1つ注文すると、他にも気になる味があれば一口分試食させてもらえるのですよ!
気になる味が多くて迷っていたので、うれしいサービスでした。
何せラインナップが、ほうれんそう・トマト・古代米・三国の塩・イチジクなど、とても個性的なのですよ。
私が選択したのは豆乳でしたが、ミルクと違わない甘み……では決してなく、さっぱりした甘さ控えめで、チップみたいに中に散りばめられた豆腐の欠片がまた良い食感でした。
CARNA最高!

あれ?間違えた?

仕方ないので、写真展の様子もご紹介します。
写真は自分で撮影した訳ではなく、社長のFacebookから拾ってきました。

作品数増やしてもう一度開催してほしい

いや、これ、カメラ出して記念撮影するって発想が全く浮かびませんでした。

まず、雰囲気がすごく良いです。
さすが有形文化財です。
そして展示品がうまく溶け込んでいるんのですよね。 和紙で作られたフレームに、和紙にプリントされた写真、それらを後ろから照らし出すライト。
一枚絵を見ている気分にさえなりました。写真展なのに。

展示されている写真は、職場の周りの風景……なのですが、それを本気で忘れます。
撮影する人の視点やセンスで、景色はこうまで違ってくるのか、と思わされます。
素朴な自然に囲まれた、食べ物も水もおいしい福井県。そう謳われる地の、また違った角度からの魅力が垣間見えます。
変な人が撮影すると、写真ってこうも面白くなるものなのですね。

「越前手漉き和紙と写真の新たな可能性」小川秀夫 写真展
旧森田銀行本店にて、9月30日(水)まで開催しています。
先にご紹介したCARNAは、森田銀行の向かいにあります。
是非ともお立ち寄りください。

詳細な情報は、Facebookにて逐一お知らせしております。

冗談だと思ってた

このようなテロもございますので、事前にご確認の上、日を改めてお越しください。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ