ハートブレーン社長が男に走る!?

現在、事務所にいる顔ぶれはHさん、Tさん、そして(社長に女だと思われていない)Nです。
女性の気配ゼロの事務所内で、今日、社長はギター演奏を始めました。
社長のギターといえば、女性にモテるための道具。(本人証言より)
まさか社長、とうとう男に……Nの胸中には、あらぬ心配が生まれたのでした。

と、記事の内容を全て読めば、本当に社長が男に走った訳ではないのは、すぐに分かります。
しかし、タイトルの威力はものすごいようで、タイトルのみで読者の印象の9割くらい決まってしまうのではないでしょうか?

このニュースで思ったのですが。

「YouTube有料化」説が広がる 実際は「YouTubeが有料会員サービスの導入を検討」報道なので注意(ITmedia ニュース より)

問題の記事を読みましたが、確かに全部読めば誤解だと分かるのですが、コメント欄などの反応を見ていると、半分くらいが「youtubeが……とうとう……」という反応でした。
タイトルって本当に罪ですね。
記事の内容を見れば違うというのが分かり切っていても「でも、タイトルにはこう書いてあったし……私の読解力が足りないだけで、タイトル通りなのかも」とか思ってしまう人も出てきそうです。私のことですが。

しかし実は、そのセンスを羨ましいと思ってしまう自分もいます。
タイトルを付けるのが苦手なのです。
短文でインパクトのある内容を生み出すことができないので、川柳や短歌ばかりか、ツイートさえもありふれたもの(もしくは外したもの)になってしまいがちです。

その内、女帝と話していただけで流れてしまいそうだった「社内川柳大会」を、本気で実施したいです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

魅力のあるタイトルを付けられるようになりたい

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ