Facebookの知り合いリストの意味

実は、ある時を境に、私のタイムラインに社長の 面白 投稿が一切表示されなくなりました。
それどころか、「会社関係」リストに分けてあるにも関わらず、そこにも表示されませんでした。

さては社長、私にブログネタを提供したくなくて、制限リストにでも入れたな……?
いいや、社長の留守中に勝手に制限リスト解除しておこうっと。
と思っていたのですが、表示されていない友達は、社長だけではありませんでした。
Facebookの設定した 余計な 優先順位でも、上位に表示されなければおかしい、そんな位置付けのリアル知り合いばかりです。

原因はこれでした。

知り合い=友人ではない

SNSが普及した今、繋がっているのはリアル友人だけ……そんな人は少ないのではないでしょうか。
共通の趣味を持った仲間、別の場所で交流した覚えのある知人、分かりやすく言えばネトゲ友達。
顔は見たことないけど友達だよ、という話は、今では珍しいことではありません。
そんな、リアル友人とネット知人が入り混じっている場合、リアル友人の動向のみを抜き出したくなる時ってありませんか?
実際に顔を合わせた時に、1人だけ話についていけない事態も起こりそうですし。

そういう時のための「知り合い」リスト。
そう思って利用したのが、そもそもの間違いでした。

真実は、ここにありました。

答えは割と近くにあった

知り合いリストは頻繁に連絡を取り合わなくてもいい友達のリストです。知り合いリストのメンバーからの投稿は、ニュースフィードにほとんど表示されなくなります。

私、大切な友人ついでに社長相手に、制限かけていました。

この「知り合いリスト」ですが、詳しくはこちらという文字をクリックすると、「ニュースフィード記事を時折チェックしたい友達です」という説明文になっています。
物は言いようですね。

先ほど「SNSが普及した今、繋がっているのはリアル友人だけ……そんな人は少ないのではないでしょうか」などと申し上げましたが、実はN自身がその数少ない1人です。
ネット上の付き合いってなんか怖い……そんな用心深い理由ではなく、単にコミュニケーション下手なので新規開拓できないだけです。
そもそも30人前後しかいない友達をリスト化しようとリア充ぶって、見事引っかかりました。

どんなツールでも、身の丈に合った使い方をするのが大切、ということですね。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ