FacebookのLikeboxがPage Pluginになるらしい

Likeboxを設置しようとして、いつものページに行ったら、このような表示がありました。

URLを間違えたかと思った

泣けることに、公式から提供されている言語は英語と中国語のみで、何故かGoogle Chromeの翻訳機能も反応しなかったので、自力で何とかしてみました。

グラフAPI v2.3のリリースによって、同様なボックスプラグインが抗議されて、6月23日2015に働くのをやめる。代わりに、新しいページプラグインを使いなさい。ページプラグインは、あなたがページから内容の簡単な給送装置をあなたのウェブサイトに埋め込むことを可能にする。

同様なボックスは、Facebookページだけでデザインされた同様なボタンの特別なバージョンである。それは、adminsがそれらのページを促進し、ページからコンテンツの簡単な給送装置を他のサイトに埋め込むことを可能にする。

エキサイト翻訳 より

私、人のふんどしを借りるのが大好きです。

しかし、この翻訳では多少分かり難いので、単純な脳みそで単純に解釈してみると
Facebookで使っているAPIっていう仕様が新しくなったから、Likeboxが使えなくなるよ。代わりにPage Pluginって機能を用意したから、そっちを使ってね。簡単なフィードをwebサイトに埋め込めるよ。
ということです。合ってますよね?

画像の2行目 Page Plugin という文字から、設定画面に行けます。
その先はLikeboxと同じです。

違う部分は、ページのヘッダー画像を表示するかどうかを設定できるようになったのと、サイトに貼り付ける方法を選べなくなったことくらいでしょうか。

iframeを使っていたので工程が少し増えた

wordpressの管理画面からも問題なく貼り付けできます。
外観 → ウィジェット で、「テキスト」を選んで貼り付ければOKです。

このタイトルがウィジェット編集画面で表示されなくなったのが不満

iframeばかり使っていたので、作業工程が1つ増えました。
ヘッダーを自分でカスタマイズできないシステム(ブログとか)を使っている場合、完全にアウトです。
jimdoのテンプレートを使っている人は大問題になりそうですが、その辺りは対処してくれると思います。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ