スマホを買い替える時期が来たので

来年の頭にスマートフォンを買い替える予定です。

2年前は「4G出たけど、今は意味ないよ。福井はまだ繋がらん所の方が多いもん」という地域色に満ちたアドバイスをいただき、敢えて3Gを購入しました。
そして現在、3Gを扱った新規機種などあるはずもなく、買うならまず4G。
ここで、そもそも4GLTEって何?という疑問が出てきたので、お勉強。

そもそも4Gは、複数の通信規格を総称した呼び名であり、LTEはそのうちの一種です。4Gの中でも、LTEは最近特に勢いがある通信規格といえます。国内の大手携帯電話会社は、独自の名称でLTE対応のサービスを提供しています(NTTドコモ「Xi」(クロッシィ)、ソフトバンクモバイル「SoftBank 4G LTE」など)。
スピードですが、LTEは下り75Mbps~100Mbps程度をうたうサービスが多く、LTE対応スマホを利用すれば、3Gよりも高速な通信が期待できます。動画を視聴したり、アプリをダウンロードするといったシーンにぴったりです。
NTT東日本 公式サイトより

詳細はこちらの記事です。→ いまさら聞けないデジタル入門「3G・4G・LTEが分からない!」

便利なのはよく分かりました。
しかし自宅で使えないと意味がありません。
なので、各社の自宅近辺のエリアマップを比較してみました。

D社

D社です。
昔は都市圏重視で田舎には難しい……という印象だったのですが、ありがたやー。
……と思ったのですが、よく見たら、うちの近辺、FOMAエリアでした。
周囲2kmくらいはXiエリアに入れてもらえているのですが、何故かうちの町内だけ、FOMA。

S社

S社です。
昔から当該ユーザーの来客から苦情が出てくる環境で、いっそ圏外旅行先としてお勧めできる環境でした。
今は3Gエリアになってるーーー!でもうち繋がらない……あれ?
と思ったら、うちの近辺、3Gエリア外 →プラチナバンド対応、にいきなり進化してました。
一つ余計な心配ですが、お父さんの実家がエリア外なので、早々に繋げてあげてください。

A社

A社です。
山間部に異様に強いので、うちの携帯はここ一択でした。
さすがの安定感です。4Gが普通に届くようです。
しかし赤い部分の中に、空白がちらほらあって、その辺がうちのある近辺なのですが……まさか、ね。

3社とも色分けが紛らわしすぎです。
おかげで何度もぬか喜びをさせられました。
近い内に対応するんだ〜 → よく見たらただの3Gエリア
イエローをもう少し分かりやすく足したり引いたりしていただきたいです。

3社を比較した結果

山のふもとの家に優しい → A社
山の上でも問題なく届く → D社
3Gエリアの穴を上手に埋めた結果最強に → S社

選択肢が増えたのはすごくうれしいので、今度は機能やサービスや料金とか値段とか価格を考慮に入れて、選んでいきたいと思います。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ