コーダーがラクするためのwordpressプラグイン8選

wordpressはアップデートに合わせてプラグインも進化を重ね
1年前と比べても随分いろいろと便利になったものですが
今回はその中でも、個人的に自分がラクをするために、ほぼ毎回入れているプラグインをご紹介します。

All in one SEO Pack

固定ページ一覧画面から全ページ一気に
TitleとDescriptionとKeywordを編集できるのは大きいです。

Google XML Sitemaps

自動的にサイトマップを作成してくれるだけではなく、更新まで。
ズボラの味方です。

page Mash

サイドバーに表示される固定ページの表示順と一緒に
管理画面の表示順も入れ替わるので、編集したいページを探す手間が省けます。

PS Disable Auto Formatting

テキストモードで入力したpタグやbrタグが、ビジュアルモードでは除去されるという
wordpress特有のお節介を無効化してくれます。

WordPress Database Backup

データベースを管理画面からワンタッチでバックアップできる優れもの。
面倒な設定もなく、バックアップしたファイルを保存するのにFTPに繋ぐ必要もありません。

Jetpack

SNSとの記事の共有、短縮URL設定や簡単なアクセス解析など
「こんなこといいな、できたらいいな」をいっぱいフォローしてくれています。

Post Snippets

利用頻度が高いhtmlタグやphpのコードをショートコードとして登録して
編集画面からボタン1つで呼び出せる、コード忘れの多いコーダーにとって神様のような存在。

Advanced Custom Fields

管理画面で画像やテキストをワンタッチで入力できるようにしたい時
難しい設定やコード追加一切なしで、カスタムフィールドを設定できます。

PC慣れてない人のワードプレス操作の敷居が低くなります

プラグインなしでも手間さえかければできるものが多いのですが
失敗するリスクを少しでも避けたい!時間を少しでも有効に使いたい!という大義名分の下に
自分の知識と技術のなさを、こうしてカバーしています。

しかしコード忘れの多いコーダーって、存在意義あるんだろうか。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ