ココアによるリラックス効果の実験をしてみた

前回の続きで、今日はココアです。

コーヒーで「ポリフェノール」の働きを説明しましたが
ポリフェノールにも構造によって色々種類があるそうです。
コーヒーの場合は、コーヒークロロゲン酸。
今回のココアの場合は、カカオポリフェノールというそうです。
そのカカオポリフェノールは、ストレスへの抵抗力を強める力がある……と
ストレスに弱いNの強い味方です。
しかも、この成分にも抗がん作用があるそうです。
ポリフェノール最強。

また、ココアの製造過程で作られるらしいカカオFFAという成分が
胃がんの原因となるピロリ菌を殺菌する作用もあるそうですね。

そしてテオブロミンという物質が、自律神経を整えてくれます。
イコール集中力アップにも繋がる、ということですが……
前回は見事撃沈した集中力増強作戦、今回はどう出るでしょうか。
(そもそもそこを飲料物に頼るのはおかしい)

という訳で、飲んでみました。

ココアはほぼ毎日飲んでる気もしますが。

なんか、リラックスというより、センチメンタルな気分が表に出やすくなる気が……。
とは言っても、悪い意味ではないんです。
不安感とか落ち込みとかマイナス感情は一切なくなり
フル回転していた思考回路が一旦落ち着いたところで、「ふぅ……」となるような感覚、というのが一番近いかも。

「泣きたい時は泣けばいいんだよ」と
優しく諭してもらっているような気分です。

ココア

ココアに。

かわいそうなおばさん全開です。

摂取量は1日1杯で良いそうです。
飲み過ぎると今度は体重的に切ないことになりそうですからね……。

【ハートブレーン】http://heart-kokoro.net/heartbrain/

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ