我が社のブラック企業の可能性

「ブラック企業」対策へ離職率公表…新年度から Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131202-00000107-yom-soci

以前は自分で判断して予防するしかなかった、このブラック企業
今では次々に法案が提出され、駆逐に向かっているようです。
喜ばしいことだと思います。

「今の若者の根性が足らんからすぐにやめるんじゃ。わしの若い頃は……」とはよく聞く言い分で
その主張が正しい場合も少なくないわけではなく、ちょっとしたことでパワハラとかセクハラとか喚かれたりする現実もあります。
寒い冬に暖まろうと、体温高そうな女の子の手を握るくらいいいじゃないか。(いけません)
でもさすがに、過労で倒れても病院行ったらクビとか、昇給したらクビとか
基本的人権とか生存権に抵触しそうな場合は、問題が違ってくると思うのです。

その「ブラック企業」の定義ですが

社長「ほら、いきなり知らん会社に電話かけてきて、パンフレットも送らんと高い商品買わせようとするやつやろ?」
それはただの詐欺です。

正しくはこちら→「ブラック企業の定義とブラック企業関連情報のまとめ」

なんか「客観的に能力がないからブラック企業にしか就職できないんです」とか「企業は学校ではないので、知的障害がある人も、DQNの方も、中卒も、高卒も、大学大学院卒も、東大・京大・オックスフォード大卒も、全員が何かしらの仕事を持っています。なので、頭が悪い企業があるのは当然なんです」とか、心臓が痛くなるような文章満載なのですが。
その分真髄をついているのも確かです。 一部抜粋いたします。

「やりがい」「夢」「希望」など抽象的な文言を連呼する会社

熱い情熱

募集広告の社員の目がすでに死んでる。笑っていても笑顔が怖い

中心部にご注目

募集広告の社員がガッツポーズ

やればできるという勘違い

日本語が変。(ブラック人材は日本語の使い方がおかしかったりします。「てにをは」をうまく使えなかったりとか。ろくな公式文書が書けなかったり。漢字が書けなかったり。そして、言っていること、書いていることも変だったりします。)

社長、社長ーーー!

【ハートブレーン】http://heart-kokoro.net/heartbrain/

メールでのお問合せ・お見積りはコチラ