私がアメリカ式プレゼンを面白いと思う理由

ふと思い立ち、Googleのデジタルワークショップを始めました。
とは言っても、まだ1章のみ。道のりは長いです。
しかも初めは動画の存在に気づかず、テキストのみで実践問題を受けていました。

その動画ですが、綺麗なお姉さんが説明しています。
内容も簡潔なのですが、何だか違和感が。

自分なりに整理してみたところ、言い回しが大げさなんですよね。
メリットを説明するにしてもかなりポジティブですし。
動画では「もしあなたが地域のモータースの店主だったら」という仮定なのですが、説明も非常に具体的です。
「これだけ短時間でインターネットが我々の生活を変えてしまったのは現代の奇跡」とか「(web上に店舗情報を掲載すると)30km圏内であれば無料けん引サービスがあることを知るでしょう」とか。(多分そんなサービスをしている地域のモータースは少ないと思われます)

この誇大表現、アメリカ特有らしいですね。
楽しいページを見つけました。

アメリカ式誇大表現(コームナタ・セイテーナ様 より)

正しくこんな感じです。
日本ではマイクパフォーマンスくらいでしかお目にかかれそうにない光景ですね。

プレゼン

しかしこの誇大表現、違和感はありますが不快感は全くありません。
むしろ活気があり、ワクワク感があり、説明されている対象物(この場合インターネットでしょうか)がより魅力的に思えます。
客観的な視点での商品説明が多めでユーモアが少なめという、奥ゆかしい日本とは対照的です。

どちらが良いとか悪いとかではありませんが グダグダなプレゼンしかできない能登に言う資格など全くありませんが 人間の集中力は約10分しかもたない、という話もあります。
これからは、簡潔に、ポジティブに、そしてユーモアを心がけたプレゼンを目指していきたいです。

小川社長のセミナー

画像はあくまでもイメージです。
しかし小川社長のセミナーは、適度に自虐を混ぜた面白い内容なので、ご希望の方は是非ともお問合せください。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

2017年夏期休業のお知らせ

日頃よりハートブレーンに対しまして格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、ハートブレーンは下記の期間中、休業いたします。

2017年8月11日(金)〜15日(火)

期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
緊急の場合は、お客様への愛を惜しまない小川代表にご連絡いただければ、粉骨砕身、対応させていただきます。

期間中にいただいたメールやメッセージは、16日(水)以降に順次対応いたします。

何となく雰囲気が出ないので、夏らしい画像を、と思い、事務所近くの風景を撮影しました。
明けないかと心配された梅雨も明け、日毎に夏らしくなってきましたね。

事務所近くの田園

ちなみに台風5号接近直前です。
あと4時間で最接近する見込みとのことです。

今回は長期滞在の見通しらしいですが、速やかに通り過ぎてほしいものです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

タイトル下のボーダーの両端にダイヤを入れようとした

始まりは、webデザイン担当小川の、この依頼でした。

無茶振り

いや……無理やん?

都合の良いように変更してツッコミが入ったら「最初からそんなんでしたよ?ほら、こっちのillustrator、CS5ですし?CCじゃないですし?データが壊れちゃったんですよ。CCに変えてくれたら大丈夫なんですけどね〜変えてくれたらね〜」と論点のすり替えを行おうかとも思ったのですが。
一応、頑張ってみました。

とは言っても、永遠の初心者コーダーです。
とりあえずダイヤの画像を作って、beforeとafterに入れてみれば何とかなるんじゃないか、と軽い気持ちで試してみたところ……

知識不足による失敗

そりゃこうなりますよね〜。

いっそ画像じゃなくて、疑似要素でダイヤ作っちゃえばいいんじゃないかな。でもそんな知識は……と思った能登でしたが、ふと思い出したのが、いつも利用させていただいている、デザインサンプルでした。
スキルもなければセンスもない私の強い味方です。

シンプルなHTMLとCSSコピペで実装できるタイトル(見出し)のデザインサンプル 50(NxWorld様 より)

こちらの「マーク #1」を参考に、このようなコードにしてみました。

■HTML

<h1>タイトル</h1>

■CSS

h1 {
  position: relative;
  padding: 0 1em;
  border-bottom: 1px solid #000;
}
h1::before {
  position: absolute;
  bottom: -.2em;
  left: 0;
  z-index: 2;
  content: '';
  width: 12px;
  height: 12px;
  border: 1px solid #000;
  background-color: #fff;
  -webkit-transform: rotate(45deg);
  transform: rotate(45deg);
}
h1::after {
  position: absolute;
  bottom: -.2em;
  right: 0;
  z-index: 2;
  content: '';
  width: 12px;
  height: 12px;
  border: 1px solid #000;
  background-color: #fff;
  -webkit-transform: rotate(45deg);
  transform: rotate(45deg);
}

他力本願で成功

成功しました!
レスポンシブでも問題ないです。
確認した限りだと、横320pxまでは両端にダイヤがありました。

タイトルが長くなり、複数行になっても

カラス

大丈夫です。
大丈夫じゃないのは、とうとうカラスまで羨み始めた社長だけです。

いつものように、社長のfacebook記事からでした。

暑くて食欲がなくなりがち……だと思ったら、大好きだけど最近足を運べていないレストランがFacebookページを更新したのを見て、お腹が鳴りました。
仕事中のFacebookは色々と危険ですね。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

Googleを騙った詐欺メールと対処法

ネット犯罪は増加する一方ですね。

グーグル装い「ウイルス感染」=対策名目で詐取容疑、男ら逮捕—警視庁(Biglobeニュース より)

グーグル、とカタカナ表記なのがどこか新鮮なニュースなのですが、手口は少し古いかもしれません。
携帯の端末がウイルス感染した、というメールがGoogleから……来たら凄いですね。
パソコンでも携帯でも、ウイルスに感染したからといって、AppleやらNECやらがわざわざメールで通知してくれて、しかもウイルス対策ソフトまで紹介してくれた試しはないです。
しかし、Eメールだったら「いつものか」で終わりそうなのですが、ショートメールを使うという辺りが、不安をうまく煽っているのでしょうね。
携帯キャリアからの連絡がショートメールですから。

このニュースを見て、先日知人から受けた相談を思い出しました。

コンテンツ利用料

コンテンツ利用料について確認事項がございます。本日ご連絡無き場合、法的手続きに移行致します。グーグルサポートセンター

……Googleにサポートセンターなんてあったか……?
Google関連のサービスで困ったことは数多くあったものの、提供されているサポートといえば、小難しい文面で書かれたヘルプと、あとはユーザー同士で情報を交換するフォーラムしかなかったような。
サポートセンターが存在するのだとしたら、月に数回は絶対電話します。
Google+もタグマネージャーも全然使いこなせないし、アクセス地域が相変わらずおおい町(ハートブレーンより130kmほど南)に設定されてるし。

という文句を飲み込み、つい真面目に返してしまったのですが、これ、ネタになったなぁ。
何日か前にテレビで「わざと業者のメールに釣られてみた」って企画をやっていて、楽しんでいたものの、それを実行できるスキルと環境に軽く嫉妬していたのですが、そのチャンスをみすみす潰して………………

ごめんなさい、嘘つきました。
チャンスだと一瞬思ったとしても、きっと実行しません。
スパイウェアとか植え付けられたら、能登程度では対処できそうにないです。

とりあえずこの迷惑メールパターンの行く末を知りたい、と調べてみました。
しかしネット犯罪が増加するのに反比例し、引っかかる人が減少しているようで、なかなか事例が見つかりません。
ようやく見つけたのが、この記事です。

何のコンテンツ利用料?0359246868 03-5924-6868 グーグルサポートセンター(怪しい業者に要注意!様 より)

名前と年齢?クレジットカードの番号じゃないんだ……と思ったのですが、悪質業者が入れ替わり立ち替わり何らかの請求をしてくるようです。
こっちの方が怖いです。
名簿が出回ったら、逃れるためには苗字や住所を変えなきゃいけなさそうですから。

あの手この手で商売の幅を広げようとする(けどツッコミ所が多いのは昔から変わらず)悪徳業者ですが、未だに被害は1000件に上るようですね。
ウイルス感染やコンテンツ利用料の問題で企業がいきなりショートメールを送り付けることもなければ、早々と法的措置を取ることなんてもっとあり得ません。
企業の名前を出した変な請求メールで混乱させてお金や情報を吸い出そうというのが手だと思うので、受け取ったらまず深呼吸し、連絡先として指定されている電話番号やURL、もしくはメールの本文を、”(ダブルクォーテーション)で囲んだ上でGoogle検索しましょう。
他からの被害報告が見つかれば、最早悪徳業者で間違いないです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

劔神社様webサイトリニューアルしました

とのことなので、社長をたまには見習って、ご紹介したいと思います。

とは言っても、ハートブレーンの営業もデザインもトークも看板もネタも全て小川社長が担っているので、能登にはあまり出番がありません。
しかし以前にお電話で一瞬だけお話させていただいたのですが、電話越しにも関わらず、品のない能登から見ても、ものすごく品の感じられる方でした。

県内外でとても有名な神社ですので、改めてご紹介するまでもないかもしれませんが、能登も何度か足を運びました。
霊験あらたかな場所は雰囲気から何か違うものですが、特別感が格別に高かった記憶があります。

サイトデザインは、そんな荘厳さと柔らかさを内包させた作りになっている…………と思います。
また、神事や四季折々の風景写真で、雰囲気だけでなく和の美しさを味わっていただけるようにこだわった…………はずです。

全て能登の思い込みです。
詳細はデザイナー兼フォトグラファーの小川先生までお問合せください。
「天から絵柄が浮かんできました」とか不穏なことを申しておりますが、言葉はまだ通じるはずです。

しかし風景の美しさがかなり強調されているのは間違いないです。
サイトや写真を眺めていたら、私も久しぶりに足を運びたくなりました。
参拝に限らず、これからの季節は森林浴やパワースポットにもお勧めしたいです。

webサイトはこちらから

劔神社様webサイト

劔神社様webサイト

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

1 2 3 4 5 117
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ