2018年冬期休業のお知らせ

平素は弊社をご愛顧いただき、ありがとうございます。
誠に勝手ながら、下記の期間中、ハートブレーンは休業いたします。

2017年12月28日(木)〜2018年1月4日(木)

スキー旅行

期間中にいただいたお問合せは、1月5日以降、順次お返事させていただきます。
緊急の場合は、代表・小川秀夫のFacebookなどに直接ご連絡いただければ、可能な限り対応いたします。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願いします。

………………画像?
現実とは関係なんかあるはずないじゃないですか。

こういう冬に対する憧れと嫉妬は大いにありますけどね。
現実なんか

大掃除

これだし。

イヴは、社員たちが家族サービスに徹する中、社長はうれしそうにギター弾いてパーティーしていたらしいですけどね。
リア充め。

とは言っても、社員一同も若い頃はそれなりに充実していたはずなんです。
ウィンタースポーツ一通りこなしそうなSさんに、彼氏切らしたことなさそうで友達も多そうなIさん。
最強の布陣ですよ。

能登は

ゲーム

現状の方が数段マシな年末年始だったことを、今更思い出しました。
人との関わりって、大切ですね。

クリスマス当日にこんなに辛気臭い年末年始のお知らせをブログでする空気の読めなさなので、充実する要素はあまりないのかもしれません。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

色彩能力検定で色彩感覚より先に視力が失われそう

SNSでやたらと話題になっていたので、試してみました。

【激ムズ】「色彩能力者」にしか読めない文字(Buzz Feed より)

激ムズって。
またそうやってバズらせようとして大げさな。
どうせ全員がIQ120以上になる「激ムズIQテスト」みたいなものじゃないの?

と、思いながらやってみたところ

1問目

ほ〜らね。

2問目

えっ???

その後も難易度は加速度を付けて上昇していき、最後の方はもう識別不可能に。
「ぬ」の切れ端の有無を見分ける作業になりました。

選択間違い

どこまで行っても「ぬ」と「め」しかないので、問題の見間違いじゃなくて選択肢の見間違いで1問損しましたし。

それでも何とか頑張って、「完璧な色彩感覚の持ち主です」と誉めていただきました。
デザイン業界の方でしょうか?っていうコメントも付いてましたが、私はデザイン業界でデザインをする人を傍らで指をくわえて見ているお仕事をしています。

最近デザイナーからアーティストに進化したらしい社長と、私なんぞ遠く及ばない有能美人デザイナーの齊藤さんに、是非とも挑戦していただきたいです。

しかしこの画像、本当に目が痛くなります。
目が疲れている自覚がある人は、止めておいた方が良いと思います。

私もなんですけどね。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

タッチタイピングの必要性とハートブレーンの現状

新卒必見!キーボード入力の練習ができる無料タイピングツール9選(Webマーケティングメディア ferret より)

新卒と呼ばれる年齢からは遥か遠ざかっていますが、とりあえずこんな記事を見つけたので、試してみました。

e-typing

キーボードを見ながらの成績

ちなみにこのGood!というランクは「一般的なオフィスワークでは困ることのないレベルです。プロレベルにはまだ届きません。より高いレベルを目指すには、正確さを高めましょう」だそうです。
この会社の業種は確か越前和紙フォトフレーム製作販売だったので、プロじゃないですもんね。IT関係ないですし。

しかし気になったのが、どうやらこのタイピングテスト、タッチタイピングが前提のようです。
ガイドではご丁寧に指の配置から説明されています。
ところでブラインドタッチって差別用語だと捉えられる可能性があるらしいって初めて知りました。言葉って難しいですね。

タッチタイピングが求められているなら、ここは敢えてキーボードを見ずにタイピングしてみようではないか……!

と、勇気を持って再度挑戦したところ

タッチタイピングに挑戦した成績

「タイピングが生まれつきできる人はいません。誰もが努力してできるようになっていきます。ここからスタートです。」

どうやら私、新卒に若返ったようです!

タイピングの仕方も個性の範疇だよね〜?と、「タイピング キーボードを見ながら」でGoogle検索してみたら

「ある水準までのタッチタイピングは絶対に必要だと思います」

「一時的に効率が下がったとしても、絶対に今すぐ覚えた方が良いです。文字入力の効率が圧倒的に違います。(当たり前ですが)」

「さっさとブラインドタッチを習得した方が絶対いいのに」

見事に「個性の範疇」という都合の良い言葉を覆す意見ばかりでした。
ぐうの音も出ません。

ちなみに社内でアンケートを取ってみたところ
「できない」
「できないよ?」
「できる訳ねぇ」(IT企業代表取締役社長)
と、開き直った清々しい回答をいただきました。
その内の1人に、先ほどのe-typingをしていただいたら、終了後に「今日の業務はこれで終わりでいいですよね?」と帰ろうとしやがってました。ちなみに午前10時。

いくら越前和紙フォトフレーム製造販売会社とはいえ、社内に1人もタッチタイピングができる人間がいないのは書類作成や事務作業などで問題が生じそうなので、せめて誰か1人でもタイピングを任せられる社員が必要になってきます。
その1人を排出するために、社内一丸となってタイピング練習に取り組みたいと思います。
S藤さん、頑張ってください。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

穴だらけの常時SSL化対応の説明

ネット回線やセキュリティに関しては、そんじょそこらの素人には負けないくらいの無知さを誇っているという自負があります。
ツッコミ所しかない説明ですが、生温かく見守っていただけると幸いです。

早速ヘタレ全開ですが、そもそもこのような記事を偶然見つけたのが始まりでした。

ロリポップで運営のWordPressサイトを、httpからhttps(SSL化)に無料で移行しました(Swingin’ Thinkin’様 より)

今年の8月の記事に対して「偶然見つけた」とか言い出す能登のセキュリティ意識が窺い知れるというものですが、これってなかなか大きいことだと思うのです。
これまでのロリポップで常時SSL対応するには、そこそこ費用がかかりましたから。

手順をものすごーーーく大雑把に説明すると

ロリポップの管理画面で独自SSL(無料)を設定する。

サイト内のaタグ・imgタグ・css内での背景画像指定など、全ての「http://◯◯◯◯(お持ちのドメイン)」の表記を「https://◯◯◯◯(お持ちのドメイン)」に変更する。

.htaccessでhttp→httpsのリダイレクトを設定する。
(Google Analyticsを導入している場合はプロパティのURLをhttpsに書き換え、Google Search Consoleを導入している場合はhttpsで新規にサイトを追加する)

これがwordpressだともう一手間あるのですが、上記の記事がすごく分かりやすく解説してくださっているので、そちらをご参照ください。

しかしそんな少々面倒な手順を踏んでまでSSL対応にする意味って何かあるの?
という質問を何件かいただいた記憶があります。

一言で言えば、充分あります。

ハッキング

SSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)は、いずれもインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。 個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。(SSL/TLS総合解説サイト様 より)

って、「SSL」でぐぐると上部に出てきます。Googleもどんどん便利になっていきますね。
ものすごく簡単に言えば、メールフォームなどで送信した個人情報の内容が暗号化されます、ということです。

ネットの仕組み

主に通販サイトとのやり取りで、カード番号や名前や住所などの機密情報を入力する場面がありますが、これまでは不正にカードを利用したい人や他人の名前・住所などをSPAM業者に売り付けて儲けたい人などからの横槍が入る危険がありました。
しかし企業や店舗側のサイトがSSL対応されることによって、入力した情報が暗号化され、ハッキング被害に遭う危険性が大幅に減少するのです。

しかしそれだけだと、通販を展開していない企業には無関係では?と思われがちなのですが……実は、もう1つ意味があるのですよ。
身も蓋もない事情ではあるのですが……

Google Chromeでの表示

今やブラウザのシェア率はSafari(iPhone強すぎ)に次いで2位となった、Google Chromeです。
GoogleがSSL対応を重視するという方針は前から言われていたのですが、重視するあまり、Google ChromeではSSL未対応のサイトのアドレスバーに警告が出現します。
「保護されていない通信」なんて、ITに詳しくないユーザーからすれば「なんか知らんけど、このサイトを見るとウィルス感染しそう!」と思ってしまうことでしょう。
そして詳しいユーザーからは「この企業はSSL対応もできないんだな」と一目でレッテルを貼られてしまいます。

これまではかなり高額で敷居が高い常時SSL対応でしたが、ロリポップが無料化したように、今後は他のサーバーもそのような流れになるかもしれません。
もしお使いのサーバーから無料で対応するというお知らせがありましたら、多少の手間をかけてでも、SSL対応に踏み切ることをお勧めします。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

知らない間にjimdoブログの機能が劇的に増えていた

どれだけ情報収集力が貧困なんだよ……という話ですが。
jimdoブログ、実はそんなに好きじゃなかったんですよ。アーカイブもカテゴリも設定がいちいち面倒ですし。

ブログ

ですが、本当に知らない間に、その点が解決されていました。

ブログカテゴリ

新規カテゴリを追加するのも消すのも、この画面1つでできるようになりました。
それは前からできたのかもしれませんが、少なくとも能登が管理画面で迷子になる事態は防げるようです。

更にこのような機能も増えていました。

シェアボタン

SNSで宣伝したい時など、このボタン1つでできるようになったようです。

本当に知らない間……jimdoの公式ブログを確認したら、2017年5月18日でした。
時代に取り残されたおばさんなので、2年以内は最近に含まれます。

しかし、それこそ本当に最近と言える先月、ブログテーマなる機能が追加されたようですが。

ブログテーマ

カテゴリと何が違うのか、あまり読み取れずにいます。
公式では

[ブログテーマ]は1つのブログ記事に1つ設定でき、1つのブログ記事に複数設定できる[ブログカテゴリ]より大きな枠組みのトピックです。
(jimdo公式サイト より)

とあるのですが、意味が分かりません。

ハートブレーンのテスト用サイトで違いを確かめたいのですが、試そうとするならそれなりに記事数も必要です。
そうなると、それだけ書けるネタも必要になってきます。方向性も。

社長の頑張りに期待します。

【ハートブレーン】https://heartbrain.net

1 2 3 4 5 120
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ