予報通り暴風雪となった福井県あわら市の現状

昨日から一晩明けて

1月24日ハートブレーンの周辺

これです。
予想通り、出勤時間は1時間半でした。
堂々の遅刻です。

主要道路は

1月24日国道8号線

画像は坂井市ですが、何故か県庁所在地に近づけば近づくほど、道路状態は悪いです。
融雪が行き届いてるお金持ちな市町村はいいな〜、なんて呑気なことを思っていたのですが、住人曰く「融雪装置に水を使い過ぎたので、ご家庭での水の使用を控えてください」という本気で意味不明な発令があるそうです。
何事も一長一短です。

しかし脇道に入ると、道路状態は更に悪く

1月24日一般道路

画像だけ見ると大したことがないように思えます。
しかし拡大すると

圧雪

圧雪です。

あちこち凸凹しているので、普通には走れません。
県外からお越しの方は、必ずスタッドレスタイヤに履き替えるか、チェーンを装着してください。

ちなみにJRの運行情報です。

【サンダーバード】 列車の遅れ(JR西日本 より)

サンダーバード10号・12号に関しては、発表を重ねる毎に遅延時間が延びているようです。
しかし発表は全て大阪行きで、金沢行きは今のところ何もないのが、何だか気になります。
風に弱いけど雪には強いと定評があるようなので、問題ないと良いのですが……。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

暴風雪予報が出た福井県あわら市の現状と近い将来

福井県は暴風雪という予報が出たので、社内で「いつ降るんやろ?どれだけ降るんやろ?」と戦々恐々としていました。
何せ今朝の時点で、予想積雪量が、東北も信越も軽く追い抜き、我が北陸地方がトップ独走です。80cmだそうです。
ちなみに2年前のハートブレーン周辺は

2年前の積雪時

駐車場に入るのも一苦労でした。
スコップ携帯必須です。

天気予報が追い打ちをかけてきます。

天気予報

また先週の悲劇が繰り返されるのか?
そう思いつつ、外を見守りながら仕事をしていたのですが

現在

現在のハートブレーン周辺

1月23日16時のハートブレーン周辺です。
写真は暗いですが、青空が広がっています。
嵐の前の静けさでしょうか?
油断しているところに一気にドバっと降るのが北陸の雪なので、気は抜けません。

何せ風がゴウゴウと音を立てるほど強いので、雲は凄い勢いで移動しているのでしょう。
夜になって雪が降り出す、という話も一部で聞かれたので、恐らくそれが正解だと思われます。

明日無事に出勤できるように祈るしかないです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

インフルエンザ感染を防ぐための有効な手段を考察してみた

社長がインフルエンザA型を事務所に撒き散らした結果

社長の席

齊藤さんの席

出社率50%です。
まったりと世間話をしながら仕事をしています。

その世間話に出た話題なのですが

Iさん「マスクなんかしてても防げんって言うし、飛沫感染でみんなアウトじゃない!?」
能登「いや、飛沫はマスクで防げるはずやし、少なくともIさんと私は社長に一切近寄らなかったので大丈夫ですって!」

まるで社長を病原菌かのように扱う私たち社員ですが、自分の体温を実況中継しながら「つらい〜つらいよ〜」と齊藤さんに甘えまくっていたので、やっぱり病原菌で合っているかもしれません。

マスクの効果が気になってきたので、調べてみました。
結論から言えば……Iさんと私の中間くらいの認識が正解だと思います。
感染している確率は恐らく3割以下です。

・飛沫は1メートルくらい飛んでから落下するため、通常は1~2メートル以内の至近距離で飛沫を浴びることで感染。
・ウイルスそのものは直径0・1マイクロメートルくらいで、普通のマスクの網目よりずっと小さいため、ウイルス自体をマスクで防ぐことは不可能。
・しかしウイルスを含んだ水分の「飛沫」はマスクに引っかかるため、感染した本人が飛沫を出さないためにマスクをすることは、周囲の人たちにとって十分効果的。
・周囲の予防としては、マスクより「手洗い」の方が重要。
・感染を防ぐためにはウイルスより目の細かいマスクN95(ただし高価で、マスク構造の網目の密度が高いため呼吸がしづらい)、もしくは一般的に売られている使い捨ての不織布マスクを選ぶのが良い。
・不織布製マスクは原則使い捨て、1日に1枚程度の使用が限度。
・マスクのフィルターには病原体が付いている可能性があるので、あまり触らないようにする。また、不織布マスクを外した後は、流水やアルコール手指消毒剤によって手を洗う。
・ウイルスが空気中に長く浮かんでそれを私たちが吸い込んで感染すること、つまり空気感染については積極的な証拠はない。

感染者はマスク必須、周囲の人は手洗い必須です。
ただ、社内のヒーターの風上に社長が、風下にIさんがいたため、飛沫が風に乗っていたとしたら……いや、可能性は低いですね。
飛沫が風に乗ったとしたら、Iさんの後頭部に社長の唾液が被弾、ってことになりますし。

ただ、特殊な条件下では空気感染もあり得るらしいです。
換気を全くしていない、空気が乾燥した、室温の低い狭い部屋とのことですが、半分くらいは当てはまります。
実際、今日になって換気したら、昨日とは段違いに仕事が捗っています。
換気は大切ですね。

ちなみにフィギュアスケートの羽生結弦選手が普段しているマスクは9層のフィルターがあり、洗濯して100回は再利用できる優れものなのですが、価格は11,980円だそうです。
既製品は9,980円、使い捨てタイプが20枚入り8,980円だそうで、さすがとしか言いようがないです。
能登には手も足も出ない高級品ですが、羽生選手とお揃いと考えると…………。

夏のボーナス全部そこに突っ込んでいる能登を見かけたら、誰か止めてください。

大雪に見舞われた2日後の会社周辺

社長が先週こんな麗らかな投稿をしていたので、ハートブレーンの周辺の現状をご報告します。

会社の外

屋根の雪

2枚目の雪の山は、全部屋根から落ちた雪です。
ここの下には普段通る通路と、事務所へと続く数段の階段があります。
同僚曰く「私たちが通る少し前に落ちてきた」とのことで、タイミングが少しずれてたら、今頃……。

通勤路は主要道路以外はほぼ圧雪です。
激しいデコボコが続き、オフロードのようになってます。
生半可な装備では通行できません。雪と雪の間にタイヤがはまります。昨日の能登のように。

ちなみに昨日は、周辺を除雪していたおじさんと、後続車の若い女の子に助けていただき、何とか帰れました。
スコップすら車に積み忘れていた、雪国在住◯◯年目です。
雪国の人は優しさでできているんだな……って、こういう時に思います。

社内にも少しの優しさがあります。

窓

簡単な物ではありますが、防寒効果はあります。
朝一番に社長が地道に貼り付けていたものです。

インフルエンザはA型とB型ダブルで襲来するわ、通勤時間を狙ったかのように大雪は降るわ、何だか散々な冬ですが、人からいただいた温かさは忘れずにいたいものです。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

社内の半数がインフルエンザに侵されたから言えること

ハートブレーンの社員数は、社長を含めて4名です。

38度以下でもインフルエンザ

子供→親→自分、とお決まりのコースを辿ったのが能登家です。
お正月の思い出=病院通いとなりました。

分かり切っている事実ではありますが、インフルエンザは空気感染はしません。
「飛沫感染」と「接触感染」の2種類です。

接触?触ったらあかんのなら仕事一緒にできないよね?と思われるかもしれませんが、少し違います。

飛沫感染

飛沫感染
咳・くしゃみ→咳やくしゃみによって飛沫が飛び散る→飛沫を他の人が口や鼻から吸い込む

接触感染

接触感染
口を手で覆って咳・くしゃみをする→その手を洗わずに物に触れる→他の人が同じ物の同じ箇所に触れる

下手くそな絵なので分かりにくいかとは思いますが、この2パターンだそうです。

感染者はマスクと手洗い必須です。普通のマスクではなく、医療用マスクが望ましいです。
そしてまだ感染していない人は、マスクをしていない人がやたらと咳き込んでいたり「だるい〜熱っぽい〜」と喚いていたら、なるべく距離を取ってください。
3メートルほど離れたところで「医者!今すぐ!」と、医者に行くまで叫び続けましょう。

人は何故か、普段は対して働かない能登のような怠け者でも、体調を崩すとやたらと動きたがる習性があるように思います。
しかしインフルエンザは感染力が強く、一旦感染してしまえば1週間は動けません。
こんな時でも働かなきゃ!ではなく、こんな時だからこそ全てを後回しにして休む勇気を持ってください。

だから寝てください、社長。

【ハートブレーン】http://heartbrain.net

1 2 3 4 120
メールでのお問合せ・お見積りはコチラ